Posted on 02/25/2018 at 16:36, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『マグニフィカート』(イエス・キリストの生涯 その8)(2018.2.25)

 

(…)「わがたましいは主をあがめ、わが霊は、わが救い主なる神を喜びたたえます◆主はこの卑しいはしために目を留め(…)私に大きなことをしてくださいました。その御名は聖く、そのあわれみは、主を恐れかしこむ者に、代々にわたって及びます◆主は、御腕をもって力強いわざをなし(…)低い者を高く引き上げ、飢えた者を良いもので満ち足らせ(…)主はそのあわれみをいつまでも忘れないで、そのしもべイスラエルをお助けになりました◆私たちの先祖たち、アブラハムとその子孫に語られたとおりです。」◆マリヤは三か月ほどエリサベツと暮らして、家に帰った。(ルカによる福音書1章46-56節)

  • はじめに…先週、叔父から依頼され、“仏壇じまい”の式をしました。私の叔父は昨年、愛妻を亡くし、それから独り暮らしをしていたのですが、3月をめどに娘家族のところへ引っ越しすることとなり、「仏壇じまいをしてほしい」というのが、かねてからの要望でした。式では、伯母はすでに天国に招かれていて仏壇のなかにはいないこと、そしてあがめるべき方は、主イエス様であることをお話し、娘家族との新しい生活を始める叔父の祝福を祈りました。
  • 主をあがめる…今日の聖書の箇所は“マグニフィカート”(ラテン語)と呼ばれているマリヤの賛歌です。歌い出しがマグニフィカート(主をあがめます)から始まっているため、このように呼ばれています。このマリヤの賛歌の冒頭部分のルカ福音書1章46節(ラテン語訳)を直訳すると「わたしの魂は主を拡大します」となります。つまり“あがめる”とは、こころのなかに主の領域を拡げることだと言えます。マリヤのこころのなかに、救い主への思いがどんどん拡がり、賛歌としてほとばしり出て来たのでしょう。
  • 大きなこと…マリヤは、主をあがめる(=拡大する)根拠として、主が“大きなこと”をしてくださったから、と歌っています(同49節)。その“大きなこと”とは、救い主によるこの世の価値観を逆転させる出来事であり、その出来事に自身もあずかる者とされていることです。その大きなことは、マリヤの個人的な出来事にとどまらず、全人類の救いの出来事につながっている、永遠の契約に基づく主の出来事です。マリヤ同様、私たちも、その主の大いなる出来事の目撃者、体験者となるべく、招かれています。
  • 結び…「主の語られたことは必ず実現する」と信じきったマリヤと同じように、聖なる主に信頼し、こころのなかに主の領域を拡げつつ、主の大いなる救いの出来事に参与する皆さん一人ひとりであるよう、祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ