Posted on 03/11/2018 at 21:59, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『ヨセフへの告知』(イエス・キリストの生涯 その10)(2018.3.11)

 

(…)マリヤはヨセフの妻と決まっていたが、ふたりがまだいっしょにならないうちに、聖霊によって身重になったことがわかった(…)◆彼(ヨセフ)がこのことを思い巡らしていたとき、主の使いが夢に現われて言った。「ダビデの子ヨセフ。恐れないであなたの妻マリヤを迎えなさい。その胎に宿っているものは聖霊によるのです◆(…)その名をイエスとつけなさい。この方こそ、ご自分の民をその罪から救ってくださる方です。」◆このすべての出来事は、主が預言者を通して言われた事が成就するためであった◆「見よ、処女(ヘブル語=アルマー、ギリシヤ語=パルセノス)がみごもっている。そして男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」(訳すと、神は私たちとともにおられる、という意味である。)◆ ヨセフは眠りからさめ、主の使いに命じられたとおりにして、その妻を迎え入れ、◆(…)名をイエスとつけた。(マタイによる福音書1章18-25節)

  • はじめに…東日本大震災・福島第一原発事故から丸7年。ここ、いとすぎ教会から福島第一原発までの距離は437キロ。時は経過し記憶はどんどん遠ざかっていき、実際の距離は1ミリも近づくことはなく、逆に心情的な隔たりは知らず知らずのうちに広がって行ってしまいます。震災復興に関する情報は溢れています。しかし具体的な関わり、あるいは出会いが(少なくとも今のわたし自身には)無いのです。もしかしたら気づいていないだけかも知れませんが…。
  • 天使の告知(処女懐胎)…好むと好まざるに関わらず、神様(創造主)の出来事は思いがけず向こうからやって来ます。それはあまりにも不合理であったり、理解不能であったりします。どんなに自分の頭で考え、合理的に解釈をし、納得ようとしてもできません。たとえ一つの結論を導きだしたとして間違った選択しかできないのです。ヨセフの場合もそうでした。「(マリヤを)内密に去らせよう(離縁しよう)」と決めていたのです。しかし天使が夢に現われ、「妻マリヤを迎えなさい」と命じられたです。それにヨセフは従い決断したのです。
  • 処女懐胎…“処女懐胎”の事実は、にわかには信じがたい事です。これはその当時から今日に至るまで、議論の的になっています。「イザヤ7章14節のヘブル語(アルマー)をギリシヤ語(パルセノス)に翻訳した際に生じた誤訳だ」という論があります。しかしこれはキリスト信仰の根幹です。
  • インマヌエルなるイエス様…そのようにしてお生まれになったのが、インマヌエルと呼ばれるイエス様です。
  • 結び…わたしたちから近づくことはできなくても、主ご自身から近づき、共にいて下さることに感謝と賛美を捧げる日々を歩めるよう祈ます。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ