Posted on 06/16/2015 at 15:20, by matsumoto

教会紹介

教会紹介

皆さん、こんにちは。私たち(=写真)は牧師の松元信行と松元眞津代です。

いとすぎキリスト教会は、2010年の4月から開拓伝道をはじめた、単立の家の教会(プロテスタント)です。

礼拝は、自宅の一室を礼拝堂にして、だいたい4人~6人で守っています。世界で一番小さな教会のうちの一つです(たぶん)。小さな教会だからできること、小さな教会に託されていることがあると信じています。

お近くに来られた際には、是非、お立ち寄り下さい(駐車場スペース、玄関スロープあります)。

また、礼拝への皆さんの参加を歓迎します。どなたでも日曜日の礼拝に自由に参加することができます。

心よりおもてなしいたします。(身体に疲れを覚えている方には、リフレクソロジーによるいやしとオカリーナによる音楽療法を、また、心に悩みを抱えている方のお話しを親身にお聞きし、解決の糸口を一緒に見つけます。※もちろん無料ですから、お気軽にどうぞ)

教会に足を運ばれることが困難な方のための、訪問聖さん式・訪問礼拝、訪問面談も承ります。

また、終活、就活、夫婦、家族、子育て、介護、ストレス、病気、障がい、経済問題その他、人生でお悩みの方は、電話番号(au 090-9935-7053・ソフトバンク 080-9642-7067・固定 0568-89-2778)へ電話をして下さい。

祈りつつ、ご相談に応じます。(※ご相談の内容は、決して第三者へは口外致しませんので、安心してご相談下さい。)

いとすぎキリスト教会

牧師 松元信行・眞津代

 

■いとすぎについて(聖書から)

【建築材として】

あなたは自分のために、  ゴフェルの木(糸杉)の箱舟を造りなさい。箱舟に部屋を作り、内と外とを木のやにで塗りなさい。(創世記 6:14

私たちの家の梁は杉の木、そのたるきは糸杉です。(雅歌 1:17

彼は神殿の内側の壁を杉の板で張り、神殿の床から天井の壁に至るまで、内側を板で張った。なお   神殿の床はもみの木(糸杉)の板で張った。(Ⅰ列 6:15

「いとすぎ」は、ノアの箱舟の素材、家のたる木、神殿の床材だったことが聖書から分かります。ですからいとすぎ教会は、人々を足元から支える「縁の下の力持ち」的存在として仕えることを使命とする教会です。

 

アーカイブ ログイン お問い合わせ