Posted on 09/16/2018 at 13:10, by matsumoto

『帰りを待っておられる神』主日礼拝メッセージ要約(イエス・キリストの生涯 その35)(2018.9.16)

 

 

みなイエスをほめ、その口から出て来る恵みのことばに驚いた。そしてまた、「この人は、ヨセフの子ではないか。」と彼らは言った。(ルカによる福音書4章22節)

 

  • はじめに…ユダヤからサマリヤを通ってガリラヤへ行かれたイエス様。そこで大歓迎を受け郷里のナザレへ。人々は歓迎したものの、一変し、拒否してしまいました。
  • 聖書のことばが実現…イエス様は安息日に会堂でイザヤ書61章1-2(前半)節を朗読され、「今、耳にしたとおり、このことばが実現した」と言われました※。このみことばはメシア預言です。これを聞いた人々は、自分たちをローマの圧政から救い出してくれる方だと思う一方で、「あれはヨセフの子ではないか」とささやく人もいました。
  • イスラエルの民から異邦人へ…イエス様はエリヤやエリシャについて語られます。イスラエルにききんが起こった時、エリヤは異邦人のやもめのところに遣わされました。またエリシャによってイスラエルにいる重い皮膚病の人ではなくシリヤの皮膚病の人だけがきよめられたこと。これは神がイスラエルではなく異邦人を祝福されているということです。これを聞いたナザレの人々は怒り、イエス様を崖から突き落とそうとしました。この出来事はイスラエルの民の心を表わしています。「この方はご自分の国に来たのに民は受け入れなかった」(ヨハネ1章11節)
  • 父なる神の涙…「しかし、この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には神の子とされる特権をお与えになった」(ヨハネ1章12節)。アダムとエバは罪を犯したため、エデンの園を追放されました。父なる神は、この事以来、痛みをもって人々がご自分のもとへ帰って来ることを忍耐をもって待っておられます。そして、ひとり子イエス様を世に遣わされ、十字架の死によって和解の愛を表わされ、また帰る道を示されました(ヨハネ14章6節)。しかしユダヤの人々はイエス様を拒否しました。父なる神の涙は溢れ流れ大河となっています。
  • 結び…ユダヤ人にも異邦人である私たちにも、父なる神は「帰っておいで」と声をかけて下さいます。滅びではなく、いのちを与えるために痛みと涙をもって(申命記30章19-20節参照)

 

※ユダヤ教の会堂で朗読される聖書の箇所は1年を通して決まっています。トーラー(モーセ五書)の最初の巻である創世記から順に読み進められ、仮庵の祭の後のシムハット・トーラー(トーラーの喜び)の日に最後の巻の申命記が読まれ、再び創世記に戻ります。また、トーラーとともに関連する預言書(ハフタラー)も一緒に朗読されました。

 

昨日の安息日(15日)のユダヤ会堂の聖書日課は、トーラーは申命記31章、ハフタラーはホセア14章2-10節(新改訳聖書では9節まで)、ヨエル2章15-27節(またはミカ7章18-20節)でした。

 

今日の聖書のテキストで、イエス様が朗読されたハフタラーは、イザヤ61章(イザヤ61章10節-63章9節)ですが、この箇所が朗読されるのは、ロシュ・ハシャナ、つまりユダヤの新年の直前の安息日に読まれることになっています。ちなみに、このときのトーラーの朗読箇所は、申命記29章10節-30章20節です。

Posted on 09/09/2018 at 19:28, by matsumoto

『行け! 子は生きる!』主日礼拝メッセージ要約(イエス・キリストの生涯 その34)(2018.9.9)

 

イエスは再びガリラヤのカナに行かれた。そこは、かつて水をぶどう酒にされた所である。さて、カペナウムに病気の息子がいる王室の役人がいた。この人は、イエスがユダヤからガリラヤに来られたと聞いて、イエスのところへ行き、下って来て息子をいやしてくださるように願った。息子が死にかかっていたからである。(ヨハネによる福音書4章46-47節)

  • はじめに…明日10日、ユダヤ暦の新年「ローシュ・ハシャナー」になります。世界の創造の日から数えて5779年目になります。そして「ヨム・キプール(大贖罪日)」(19日)、「スコット(仮庵の祭)」(24-25日)と続きます。新年を祝って、お互いに「シャナー・トバー」(日本語で“良い年であるように”)「あなたの名が命の書に刻まれるように」と挨拶を交わします。
  • しるしと不思議…今日のテキストは、「王室の役人の子のいやし」というタイトルで知られているところです。次章のはじめに「その後、ユダヤ人の祭りがあって…」と記されてある祭りは、仮庵の祭の可能性が高いですから、今日のテキストの出来事は、ちょうどユダヤ暦の新年に近い頃だったのでは?と思います。さて、ヨハネは、この出来事を“第二のしるし”(ヨハネ4章54節)と呼んでいます。では第一のしるしは? 水をぶどう酒にされた“カナの婚礼”の出来事です(ヨハネ2章1-11節)。いやしと奇蹟、つまりしるしと不思議の出来事です。イエス様は、「あなたがたは、しるしと不思議を見ないかぎり、決して信じない」(ヨハネ4章48節)と、子のいやしを必死に願う役人に語られました。
  • 一人息子のために…「息子」と記してあるところは原語では“ホ・ヒュイオス”と記してあることから大切な“一人息子”だということが分かります。その大切な息子が瀕死の状態だったのですから、のっぴきならない状況です。必死の思いでカペナウムからカナまでの約30キロの道のりを、しかも上り坂を延々と歩いて来たのです。
  • 懇願する役人に…そして、なりふり構わずイエス様に「下って来てください」(ヨハネ4章49節)と懇願しました。イエス様の力に頼ったのです。その願いに対してイエス様は「帰って行きなさい。息子は直っています」(同50節)。直訳は「行け! 子は生きる!」(筆者私訳)
  • 結び…私たちの考える方法ではなく、万物を創造し、支えておられる主イエス様のことばを信じて一歩を歩み出す皆さんでありますように。
Posted on 08/26/2018 at 21:02, by matsumoto

『風穴を開けられるイエス様』主日礼拝メッセージ要約(イエス・キリストの生涯 その32)(2018.8.26)

 

 

そこで、そのサマリヤの女は言った。「あなたはユダヤ人なのに、どうしてサマリヤの女の私に、飲み水をお求めになるのですか。」――ユダヤ人はサマリヤ人とつきあいをしなかったからである。――(ヨハネによる福音書4章9節)

 

  • はじめに…福祉あるいは介護をライフワークにしている者にとって、他者とどのように接するのか(あるいは接して欲しいのか)、ということは極めて重要な事柄です。その最も基本になるものが『バイステックの7原則』と言われるものです。バイステックは、他者がどのようなニーズを持っているのかを7つに分け、それぞれのニードに対する対応のあり方を提示しています。バイステックはロヨラ大学の教授であると同時にイエズス会の司祭でもあったので、7つの原則の着想の多くの部分は、聖書の記述、それもイエス様と人々との対話や態度、行動にあったことは想像に難くないでしょう。
  • もっとも安易な振る舞い…ユダヤ人はサマリヤ人とつきあいをしなかった。――と、今日のテキストの箇所には記されています。ユダヤ人はサマリヤ人を避けていた訳です。これはイスラエル王国が南北に分裂(BC922)した後、北イスラエル王国にアッシリヤが侵入(BC734)、混血の民となり、サマリヤ人と呼ばれるようになり、純血を是とするユダヤ人(南ユダ王国)は、サマリヤ人を疎んじ、避けるようになったのです。その関係がイエス様の時代まで連綿と続いて来たのです。
  • イエス様の振る舞い…サマリヤ人とは口も利きたくないし、見たくもない、近くに寄りたくもない…。それがユダヤ人には当たり前だったときにイエス様は、サマリヤ人の婦人と接触しました。それは当時の常識を破るものでした。①公共の場で男性から女性に話しかけ、②しかもユダヤ人がサマリヤ人に話しかけ、③対価を払わずに水(必要なもの)を求めることは、非常識極まりないことでした。イエス様はこの世の常識ではなく、真実の生き方を示されたのです。
  • 結び…イエス様は、分け隔てすることなく、私たち一人ひとりと向き合い、対話し、親しく交わって下さいます。①私たちを一人の人間として接し、②肯定的な感情も否定的な感情もそのまま受け止め、③弱さを包み、④共感し、⑤裁かず、⑥決断を任せ、⑦秘密を守って下さいます。

 

Posted on 08/19/2018 at 21:01, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『サマリヤの女性』(イエス・キリストの生涯 その31)(2018.8.19)

 

わたしが与える水を飲む者はだれでも、決して渇くことがありません。(ヨハネによる福音書4章14節)

 

  • はじめに…今夏は記録的な猛暑が続いています。飲料水も例年よりかなり売れているとか。水分、塩分の不足はいのちの危険に関わる問題です。イエス様は、わたしが与える水を飲む者はだれでも、決して渇くことがない(ヨハネ4章14節)と言われます。それはGood-newsです。
  • サマリヤの女性との対話…旅の疲れで井戸のかたわらに座っておられるイエス様。そこへ一人の女性が水を汲みに来ます。そして「水を飲ませてください」(同7節)と声をかけます。しかし当時のユダヤ人の常識では、①ユダヤ人はサマリヤ人と親しくしてはいけない、②公の場で、男性から女性に話しかけてはいけない、という決まりがありました。ですからイエス様の行動は、女性にとって意表を突くものでした。また、女性が井戸に来た時間は、人々が来ない時間、つまり人目を避ける生活をしていたことが分かります。そのような女性に「わたしが与える水を飲む者は決して渇くことがない」と言われました。
  • 解放されたサマリヤの女性…女性は、この言葉にすぐさま「ください」と答えます。「だれでも渇いている者はわたしのもとに来て飲みなさい。わたしを信じる者は心の奥底から生ける水の川が流れる」(ヨハネ7章37-39節)とイエス様は言われます。モーセ五書のみを聖書としているサマリヤの人々ですが、キリスト(メシア)が来られることは知っていました。イエス様は「わたしがそれだ」(ヨハネ4章26節)と、その女性に宣言されました。人目を避けて水を汲みに来なければならないこの女性の事情を見抜き、歩み寄って行かれたイエス様。そして一時しのぎの水の解決策ではなく、永遠のいのちの解放を示されました。最初は警戒していた女性も、次第にイエス様の言葉を受け入れていき、ついには最も大切だった水がめをその場に置いて、町の人々にイエス様のことを知らせるほどに変えられました。
  • 結び…私たちの人生もまた、サマリヤの女性と同様、問題や悩みは尽きることがありません。その都度、苦しみ、こころ痛め、途方に暮れます。そんな私たちにイエス様は歩み寄って下さり、「わたしのもとに来て飲みなさい、わたしが与える水を飲む者は決して渇くことがない。尽きることのない聖霊で満たそう」と言われます。解放された一週間となりますように。
Posted on 08/14/2018 at 20:58, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『無限の御霊の証し』(イエス・キリストの生涯 その30)(2018.8.12)

主日礼拝メッセージ要約『無限の御霊の証し』(イエス・キリストの生涯 その30)(2018.8.12)

割れた後、修復したオカリーナ

神がお遣わしになった方は、神のことばを話される。神が御霊を無限に与えられるからである。(ヨハネによる福音書3章34節)

 

  • はじめに…昨日、大切なオカリナを落としてしまい、割れてしまいました。応急処置的に木工用ボンドで接着し、修復しました。果たして今まで通りの音色が出てくれるか…。
  • 土の器…私のオカリナは陶器でできた土の器です。聖書には人間も土から創られた土の器と記されています(創世記2章7節、Ⅱコリント4章7節)。その中に“いのちの息”が吹きこまれて生きる者となったのです。また、その中には“宝”が入れられているのです。土の器は脆(もろ)く弱いのです。しかし創造の主は、あえて私たちをそのようなものに創り、その中に永遠のいのちを託され、使命(証し)を託されたのです。
  • 土の器をまとわれたイエス様…イエス様は聖霊によって母マリヤより生身の人間として、つまり土の器をまとって生まれました。そして公生涯のはじまりのとき、バプテスマのヨハネから水のバプテスマを受け、聖霊が鳩のように下り「これはわたしの愛する子、わたしはこれを喜ぶ」と天から声がありました(マタイ3章17節)。その後、十字架に掛かられ、「父よ。わが霊(聖霊)を委ねます」(ルカ23章46節)と叫び、息を引き取り、復活し「約束のもの(聖霊)を送る」(ルカ24章49節)と昇天され、事実ペンテコステのとき、聖霊が使徒たちに降りました(使徒の働き2章1-4節)。イエス様は聖霊を宿し、聖霊を送られ、聖霊と自由闊達に交わっていました。まさに測ることのできない“無限”の聖霊の働きがありました。
  • みことばへの信頼…イエス様と聖霊の関係は無限ですが、私たちと聖霊の関係は部分的です(Ⅰコリ12:8-12)。部分と部分が補完しあってひとつのキリストのからだを形作ります。お互い欠けたもの同士が、ともに主のみことば(聖霊のことば)に信頼するとき、喜びに満たされます。そのもっとも象徴的な関係が花婿と花嫁の関係で、表わされています(ヨハネ3章29節)。バプテスマのヨハネは、その婚姻関係の成立をともに喜ぶ友なのだと、証ししました。そこに主ご自身の臨在の栄光が顕れれ、いのちの光が輝き照ります。
  • 結び…神のことば、聖霊のことばを語られる主イエス様に信頼し、主の臨在が顕れる一週間となるようお祈りします。
アーカイブ ログイン お問い合わせ