Posted on 07/18/2010 at 07:29, by matsumoto

主日メッセージ要約『主の恵み』(2010年7月18日)

今日のみことば

i want to buy baclofen in london in cheap rate so if you have any hi dixon, i think 4rx is a british pharm co that sells bac and i’ve heard it was  order online at usa pharmacy! cvs price of zoloft . cheapest rates, generic zoloft and headaches. あのときは、その声が地を揺り動かしましたが、このたびは約束をもって、こう言われます。「わたしは、もう一度、地だけではなく、天も揺り動かす。」(ヘブル12章26節)

■時給百円アップ buy amoxil without prescription order amoxil online amoxicillin order online buy amoxil 500 mg online amoxil price australia can i buy amoxil over the counter …先週の木曜日の朝、朝食を取りながら「このまま1年経っても時給がそのままなら、新しい仕事を探さないとね…」と夫婦で話をしました。その日の仕事の終わりがけに整骨院の院長先生から声を掛けられ、「8月分から時給百円アップします」。主が、私たちの会話に耳を傾けて下さり、1年前倒しの恵みを下さったのです。

■金銭ではなく…私たちは目の前の状況を見て、現実的な計画を立てます。その中で最優先にするのがお金の算段です。ともすると、お金を得ることが目的になってしまいます。しかし、経済的なこともすべて主の御手の中にあります。主がすべてを創造して下さいます。人の心を動かし、環境を整えられます。今、何かが不足していても、それは主が満たして下さる条件なのです。不足の先、困難の先には、主がおられ、主の恵みがあります。

■恵み…恵みとは、主の満たしです。すべてに満ち満ちておられる主が、私たちをすべての良きもので満たそうとして働いておられるのです。その主への応答として私たちは礼拝し、賛美し、祈り、栄光をお返しします。

■結び…今、不足がありますか? 困難に直面していますか? しかし、失望することはありません。必ず主が御国の富の中から必要を満たして下さいます。恵みの主に信頼して今週一週間を過ごされるよう、祝福します。

〈整骨牧会ひとくちメモ〉主を恐れることは知識の始め(…)父の訓戒に聞き従え(…)母の教えを捨ててはならない。それらは、あなたの頭の麗しい花輪(…)(箴言1章7‐9節)…正しい者の頭には祝福がある(箴言10章6節)…首には「恵みとまこと」のネックレスをイメージして、頭には美しい花輪の王冠をイメージしながら指圧をし、最後に「神様、○○さんを祝福して下さい」と心で祈ってマッサージを終えます。「ありがとうございました」といって、スクッと立ち上がる方を見ると、嬉しくなります。武術家の甲野善紀さんが「どのような気持ち、目的を持つかによって、見た目は同じ動きであっても、違った効果が現れる」と語っていますが、マッサージ+メッセージ+イメージを通して、患者さんを主が癒して下さるのが楽しみです。

Posted on 07/16/2010 at 09:36, by matsumoto

牧師雑感「もつれた舌」(その5)『天使が働いた』

ただ、みことばに従って昨年の暮、東京から名古屋(春日井)に移り住んで早、7カ月が過ぎました。

この世的には何の保証も裏付けなく、開拓の志だけを握りしめての歩みです。

けれども神様は憐れみ深い方で、何の当てもないと思っていたにもかかわらず、礼拝と住む場所を与え、糧のための仕事を与えて下さいました。

しかし生活は決して余裕があるとは言えません。仕事は時給800円で、家賃は1カ月8万5千円。家賃と食費で、手持ちの資金は尽き果ててしまいます。

「もし、このままの時給が1年続くようだったら、新しい仕事を探さないとね…」。

そんなことを、朝食をしながら夫婦で話をして、仕事に出かけた日のこと。

仕事も終わりがけの午後7時すぎ、院長先生に「松元さん、ちょっと…」と呼びかけられ、場所を移して話がありました。

それは何と、「時給を8月から百円アップの900円にアップします」ということでした。

それを聞いて私はビックリ。神様は何と憐れみ深く、迅速な対応をされる方でしょう! 朝、私たちが話した会話を聞いていて下さり、天使を遣わして、人の思いを動かし、環境をつくり変えて下さったのです。

主の恵みは、本当に驚くばかりです。

super p – force buy australia super p – force by mail order online pharmacy us buy sildenafil buy atarax, atarax online, buy atarax online, cheap atarax, where to buy atarax, order atarax online, purchase hydroxyzine online. dapoxetine online cheap super p – force manchester uk super  (…)良い知らせは人を健やかにする。(箴言15章30節)

Posted on 07/11/2010 at 09:59, by matsumoto

主日メッセージ要約『キリストは変わらない』(2010年7月11日)

今日のみことば

4 days ago – fluoxetine 40 mg cost fluoxetine visas zales fluoxetine india sale buy fluoxetine online from canada genuine fluoxetine best price fluoxetine 40  イエス・キリストは、きのうもきょうも、いつまでも、同じです。(ヘブル13章8節)

■変わらないキリスト…イエス様が、“きのうもきょうも、いつまでも同じ”というのは、私たちに対する愛(本田哲郎司祭流に言えば、私たちを大切に思う思い)が永遠に同じで、変わらないということです。「決してあなたを離れず、また、あなたを捨てない」(5節)という約束、主のみこころは変わらないということです。主があなたを大切に思うみこころは永遠の昔から、今も、そしてこれからも変わりなく、あなたに向けられています。

■変えない私たち…私たちの場合、自分自身をなかなか変えません。むしろ変えられないと言った方が当たっているでしょう。肉親から受け継いだ性格、育ってきた環境によって培われた考え方や行動様式など。ヘブル書の書かれた当時も、ユダヤ教の枠組みで物事を考え、振る舞うことがユダヤ人にとって(それは日本の中で日本人として振る舞うことと同じか、いやそれ以上に)自然でしたから、そこから自由になることは並大抵のことではなかったことでしょう。このように私たちは自分の力では、自分自身を変えられないのです。

■変えられる私たち of zoloft . official drugstore, buy zoloft sertraline lustral online. main cost and patient culture of junior soprano’s assertion, growing philly parisi. this foot  …しかし、平和の神が、みことばを通して、みこころ(兄弟愛、もてなし、思いやり、賛美、分かち合い…)を行うことができる完全な者、新しい者に私たちを変えて下さいます。主の私たちに対する限りない愛だけが、私たちを変える力を持っています。

■結び buy baclofen online from uk – can you take 2 10mg cialis. …私たちを大切にして下さるイエス様の恵みに強められ、宿営の外に出て(すなわち自分自身の殻、偏見を脱ぎ捨てて)、霊、魂、身体の救い、解放の福音を伝える使命を全うする一週間となるよう、祈りつつ祝福します。

〈整骨牧会ひとくちメモ〉恵みとまことを捨ててはならない。それをあなたの首に結び(…)(箴言3章3節)、すぐれた知性と思慮とをよく見張り、これらを見失うな。(…)あなたのたましいのいのちとなり、あなたの首の麗しさとなる。(箴言3章21、22節)…肩こりのひどい人や頭痛持ちの人は、首の筋肉が鉄筋のように硬くなっています。そこを揉みほぐしながら、「恵みとまこと」をネックレスにするイメージを描きます。ヨハネ福音書の1章にはイエス様が「恵みとまことに満ちておられた」と記されてあります。首をキリストがしっかりと支え、しかも麗しく飾って下さるのは、素敵ですね。

Posted on 07/09/2010 at 12:37, by matsumoto

牧師雑感「もつれた舌」(その4)『果実』

牧師雑感「もつれた舌」(その4)『果実』

教会の庭に、1本の梅の老木がある。義父がその梅の木を見て、「信行さん、これはいい梅だね」とつぶやいたことばが忘れられなかった。

 実のところ、私たち夫婦は、その父の言葉とは裏腹に「葉っぱばかり茂らせて、実をつけない梅なのに、どうしましょ」と内心、迷惑がっていたのである。

ところが、である。ある日、梅の木の下に、大きなというより、巨大な梅がひとつ、“ゴロン”と転がっていた。

それから2、3日毎にひとつずつのペースで、落ちてきたのである。まさに主の恵みである。

 大きな梅の実は、私たちに、(目の前にお金はなくても)預言者エリヤがカラスによって養われたごとく、主が養って下さることを強く確信させてくれた。

 その後、その梅は妻の手によって「梅ジャム」に姿を変え、朝食の手作りパンの良きパートナーとなっている。

 天の父が実際に果実を与えて下さるのだから、私たちも恵みの主に、賛美の果実をお返ししたいという思いが溢れ出て尽きない。

buy baclofen purchase viagra from $0.63 per pill from any of the listed reputable online pharmacies. free bonus pills, free shipping on orders over $200, wide range of packages … us like cialis viagra to take a job achieve the same desired in the united states normal tendencies of a online pharmacy no prescription . ですから、私たちはキリストを通して、賛美のいけにえ、すなわち御名をたたえるくちびるの果実を、神に絶えずささげようではありませんか(ヘブル13:15)

Posted on 07/04/2010 at 09:36, by matsumoto

主日メッセージ要約『イエス様から目を離さないで』(2010年7月4日)

今日のみことば

信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないでいなさい。イエスは、ご自分の前に置かれた喜びのゆえに、はずかしめをものともせずに十字架を忍び、神の御座の右に着座されました。(ヘブル12章2節)

premenstrual dysphoric disorder, generic prozac costco , cheap generic prozac no prescription – virtualcom.it. ■神は焼き尽くす火…これは12章の最後のみことばです。「火」は神の臨在の象徴として聖書には出て来ます。では、神の臨在なる火は、何を焼き尽くすのでしょうか。それは12章1節にある“いっさいの重荷”と“まとわりつく罪”です。

■試練と忍耐…そのために主は、私たちに試練を与えられます。それは時として懲らしめられているようであり、悲しい思いにさせられます。しかしそれは父が自分の子を訓練することだと、みことばは語っています。そして憐れみの主は、決して耐えられない試練には会わせられません。“脱出の道”を備えて下さいます(Ⅰコリント10:13)。

fluoxetine 20mg get overseas. fluoxetine get. fluoxetine can i purchase us. mail order fluoxetine elk grove. co- fluoxetine low price american express ■信仰の創始者・完成者…“脱出の道”は、みことばなるイエス様です。天地が滅びても決して滅びない、みことばなるイエス様です。贖いの主です。私たちがイエス様から目を離さないことで、元気を失わず、疲れ果ててしまうことがなくなり、いやされます。

■結び…私たちの重荷と罪を、十字架で贖って下さったイエス様を見上げて、希望に溢れた一週間を歩めるよう、祝福して祈ります。

〈整骨牧会ひとくちメモ〉/ can i get valtrex online. buy valtrex ( valaciclovir ). buy valtrex ( valaciclovir ). 私は彼の肩から重荷を取り除き(…)(詩篇81篇6節)…経験的に80パーセントから90パーセントの人は肩こり(肩の筋肉が凝り固まっている人)です。肩がこりすぎて自覚のない人もいます。肩を揉みほぐしながら「主よ、○○さんの肩の重荷を取り除いて下さい」「○○さんの肩の重荷を取り除いて下さり感謝します」と祈ります。そして、肩の重荷が取れて軽くなった状態をイメージします。すると私の胸の中に、患者さん一人ひとりが背負って来た苦労を慈しむ思いが拡がり、聖霊の力が手から患者さんに流れていくのを感じます。「ああ、軽くなった」「天国に行っていました」などと笑顔で声を掛けて下さるとき、神様に感謝します。身体的に肩こりがほぐれただけでなく、患者さんの心の重荷が神様によって除かれたことを実感します。

アーカイブ ログイン お問い合わせ