Posted on 09/08/2019 at 17:02, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『主の愛に包まれたひとりの人間として』(イエス・キリストの生涯 その77)(2019.9.8)

するとペテロは彼を起こして、「お立ちなさい。私もひとりの人間です。」と言った。(使徒の働き10章26節)

  • はじめに…先月NHKスペシャル(BSプレミアム)で放映されたブルースリーに関する番組の中で、ブルースリーがインタビューを受けるシーンがありました。「あなたは中国人? それともアメリカ人?」と聞かれ「自分は人間だ。偉そうに語るつもりはないが、天の下、人類はひとつの家族だ」と答え、その言葉がとても印象深く残っています。
  • レッテルを貼る…私たちは「あの人はああいう人だ」「この人はこういう人だ」などと断定的に評価し、一方的に整理分類してしまいがちです。一旦、そのようにレッテルを貼ると、なかなかそれを剥がすことができなくなります。人や世界を観る目が固定してしまいます。ですから別の視点(視座)を持つ必要があります。
  • 出会い…今日のテキストは、ペテロとコルネリオの出会いです。ペテロはヨッパに、コルネリオはカイザリヤにいました(約50㎞、春日井―郡上間の距離)。それぞれが祈る中で、御使いが二人に幻を見せ、出会いを導かれ思いがけない出会いを体験することになったのです。その出会いでペテロは幻の霊的な意味を悟り、異邦人への福音の門が開かれたのです。異邦人に対する偏見、差別意識が打ち砕かれたのです。
  • 生活の場で…ペテロとコルネリオの出会いと同様に、日々の暮らしの場において思いがけない出会いがあります。その出会いを通して主は、私たち一人ひとりをかけがえのない存在として分け隔てなく大切に接し、ケアし、それぞれを霊的に成長させてくださり、喜びと平安で満たしてくださいます。
  • 結び…世界は悲しみと不安で満ちています。偏見や差別が満ちています。しかし、その悲しみと不安な思いを主が顧みてくださり、出会いを与えてくださり、私たちの内側に永遠の落ち着き場所を備え、喜びと平安で満たしてくださいます。イエス様は、私たち一人ひとりを、かけがえのない大切な人として地上生涯の最期まで、そして御国において永遠に、主の愛で包んでケアしてくださいます。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ