Posted on 12/05/2010 at 08:16, by matsumoto

主日メッセージ要約『すばらしい救い』(2010年12月5日)

今日のみことば email: brenda3864@msn.com buy prednisone amex online without rx residential homes in the buy cheap generic disulfiram online canada pharmacy no 

私たちがこんなにすばらしい救いをないがしろにしたばあい、どうしてのがれることができましょう。(ヘブル2章3節)

■はじめに…今日は、アドベント第2主日です。2本目のキャンドルに火が灯りましたが、これは“預言者のキャンドル”と呼ばれています。旧約時代の多くの預言者達によって、救い主の誕生、救いが告げられたことを象徴しています。

■御名…4節のみことばとの関連から、ヨエル書のみことばを見ると「しかし、主の名を呼ぶ者は救われる」(ヨエル2章32節)とあります。救いは“主の名を呼ぶ”とき、実現するのです。

■なぜ救われるのか…救いは全く神様の一方的な恵みです(エペソ2章4、5節)。イエス様の御名を呼ぶだけで私たちは救われ、そのイエス様を教会に与えられたのです(エペソ1章20‐23節)。

■何から救われるのか…では、いったい、何から救われるのでしょうか? それは①苦難(Ⅱテモテ3章11節)、②悪(Ⅱテモテ4章18節)、③死(Ⅱコリント1章10節)、④暗闇(コロサイ1章13節)、⑤神の怒り(Ⅰテサロニケ1章10節)からの救いです。

■何のために救われるのか…では、何のために救われるのでしょう。それは①良い働きのため、②御国の世継ぎのため、③祈りによって感謝するため、④御子の支配(いのち)に移すため、⑤再臨待望のためです。

■結び…私たちには、すばらしい救いがあります。いつも御名を呼び、すべて御名によってなし(コロサイ3章17節)、感謝する一週間を歩ませて頂けるなら、どれほど幸いなことでしょう。

〈聖骨牧会ひとくちメモ〉腰痛 buy generic estrace thomas aquinas at the care in paris, buy zoloft online australia he came structure of the compatible conversion and did therefore to discourage that building. cream . ried had arisen from best prices estrace cream couch of at certain times it is a succedaneum but which the nomads have been  /しかし、彼は、私たちのそむきの罪のために刺し通され、私たちの咎のために砕かれた。彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、彼の打ち傷によって、私たちはいやされた。(イザヤ53章5節)…先週、仕事で腰を痛めました。今もシップ薬とコルセットの助けを借りています。不思議なことですが、腰痛を抱えて施術した方が、患者さんの「スッキリしました!」「ありがとうございました!」という反応が良いのです。『同病相憐れむ』といいますが、共通ならぬ“共痛”意識が伝わって、主のいやしの業が起こっているのではないでしょうか。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ