Posted on 11/07/2010 at 22:24, by matsumoto

自我(李天秀著『牧会断想』より)

自我とは唯我独尊の意識であり(伝道者1:17)、相手との出会いなしに、ただ自分の体の運動を通して五感でつくられる環境意識である。 baclofen online , baclofen ohne rezept – apotheke online . retina france, association qui lutte contre les maladies de la vue : degenerescence maculaire liee a 

 

自我は、隣人と出会うことには全く関係がないので、“私たち”になり得ないのである。
自分以外に他の人格を認めないため、自己努力で何でもなそうとする。別の言い方をすれば、自分が神のようになろうとするのである。

 

このようになると人間は、修練と訓練を通して、時間と空間を超越した境地に至るべき必然性が生じる(伝道者3:6)。それで“地”の宗教は、五感調節や思考調節などの修行の形をとるのである。

buy estrace online , buy estradiol valerate tablets , buy estradiol gel online .  

自我を根拠とした“地”の宗教には、信仰とか愛はないのである。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ