Posted on 12/13/2020 at 17:32, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『使徒信条(その2)~待降節第三主日』(イエス・キリストの生涯 その138)(2020.12.14)

我はその独り子、我らの主、イエス・キリストを信ず。(ヨハネ福音書1章29-34節参照)

  • はじめに…私たちはアドベント・クランツに4本(5本)のローソクを立てて、アドベントの主日毎に1本ずつ明かりを灯していきます。今日はその3本目で「バプテスマのヨハネのキャンドル」です。バプテスマのヨハネは、救い主なるイエス様を世の人々に、いち早く証しました。荒野で悔い改めのバプテスマを授け、多くの弟子を持っていたヨハネは、自己アピールではなく、主イエス様を指し示し、主の顕れを人々に備えることに徹していました。「キリストではない」「エリヤでもない」(ヨハネ1章20、21節)と、徹底して自己否認して、脇役に徹しました。「主の道をまっすぐにせよ」と。
  • 子なる神…アドベントに入ってから使徒信条のメッセージをしていますが、本日は第2項「我はその独り子、我らの主、イエス・キリストを信ず」です。古ローマ信条も同じです。まず私たちは「神」を信じる者です(第1項)。その「神」を “父”である方、すなわち人格(=愛)を持たれた方だと、告白します。しかし限界がなく超越された方であるゆえ、有限である私たちにはその全貌を見ることも理解することもできません。にもかかわらず、私たちが“父なる神”を信じられるは、父の“ほとばしり出る”愛によって、父と一体なる無限なる方が“身を乗り出して”有限なる者としてこの困難な地上に、肉をとって来られたゆえです。その方が父なる神の独り子、主イエス・キリストです。
  • 証し、戸惑い、躓き…その神の独り子、主イエス・キリストを世に伝えたのが、バプテスマのヨハネです。「私はその方のくつのひもを解く値うちもありません」「見よ、世の罪を取り除く神の小羊」「この方が神の子」(ヨハネ1章27、29、34節) と証ししました。その後、バプテスマのヨハネの弟子たちがイエス様に同行し、イエス様の証し人となっていきました。証し人はイエス様との関わりを通して徐々に成長していきます。最初から完全な証し人はいません。また成長の過程で戸惑い、躓きを体験します。ナタナエルしかり(同46、49節)、バプテスマのヨハネしかり(マタイ11章3、6節)、ペテロしかり(マタイ26章33節)、そして私たちしかりです。しかしそのような私たち一人ひとりをイエス様は十二分にご存じで、その上で愛で包んでくださったし、包んでくださっています。
  • 結び…天の御国はバプテスマのヨハネとイエス様にはじまり、私たちのところへ日々到来しつつある事実です。バプテスマのヨハネが証しし、苦難と十字架、復活と昇天、そして再臨を通して私たちに惜しみなく愛を注いでくださっている神の独り子なる主イエス様に栄光がありますように。

《追記》

zoom参加を希望される方は10時15分-25分の間に

ミーティングID: 619 286 4474

パスコード: 3D3M69

でアクセスしてください。

※注意事項

①礼拝時はホストから参加者のマイクをミュート設定にします(ミュートにしないとハウリングして音声が聞き取りにくい場合があるためです。礼拝後はミュート設定を解除をします)

②イヤホンを使用すると音声が聞き取りやすい場合があります

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ