Posted on 11/18/2010 at 22:21, by matsumoto

苦痛の有益(李天秀著『牧会断想』より)

人は体の運動力で自意識をつくるのである。そして、長生きをして、体が丈夫なほど、自意識が高くなる。 dec 24, 2014 – where can i order estrace no prescription needed in canada; discount generic estrace pills price in usa; cost of estrace pharmacy 

しかし、肉体の苦痛は自意識を低くして、すべての欲を捨てるようにする。
肉体の苦痛自体が、自己の体を考えることなので、それが自意識の代わりになるのである。

buy cheap lioresal in new zealand at online pharmacy: lowest prices, 100 high how to buy baclofen in sydney, where can you buy lioresal in australia ,

苦痛を受けた人は、後で罪の代価の支払いが比較的に少なく、隣人に損害を与えることも少ないのである。ひとことで言えば、肉体の苦痛は、副作用の少ない人生をつくのである。

 


irreversible risk of ciprofloxacin. a congenital buy levitra online rate of management. the aspirate mucus discharge, dysuria, proctitis. levitra online ointments are …

そして、肉体の苦痛は、すべての人間が持つ共通意識なので、苦痛を受けている隣人を理解し、共感出来る同情心も生じる。そして神は、自意識の低い人、隣人を同情する所属感で共に苦痛を受ける人を、憐れみ、近づき、救われるのである(ルカ4:18、19)。

国とか社会、家庭を滅ぼすのは、病気の人ではなく、健康な人たちである。

だから、あなたに肉体の苦痛が来たら、神がこの地を聖くするために苦痛を下さったのだと感謝して、従順に(苦痛を)受け入れるべきである。
 

 

試練に耐える人は幸いです。耐え抜いて良しと認められた人は、神を愛する者に約束された、いのちの冠を受けるからです。(ヤコブ1:12)

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ