Posted on 03/28/2021 at 09:02, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『十字架の下での人間模様』(イエス・キリストの生涯 その153)(2021.3.28)

兵士たちはこのようなことをしたが、イエスの十字架のそばには、イエスの母と母の姉妹と、クロパの妻のマリヤとマグダラのマリヤが立っていた(ヨハネの福音書19章25節)

  • はじめに…本主日は2020年度最後の礼拝です。昨年度最後の礼拝は新型コロナ感染拡大に伴い、夫婦二人で賛美と祈りの“安息”の礼拝を捧げました。それも尊い時でしたが、今はzoomで物理的距離を越えて共に礼拝参加できる環境がニューノーマルになりました。いとすぎ教会では、主から示された新年度の活動のひとつとして「お一人様限定 一泊祈りの家」構想を温めています。コロナ禍の今だからこそ、3密を避けつつ一人で思いの丈、主と交わる機会を持っていただけるのでは、そう願っています。
  • 午前9時から午後3時…さて、ユダヤ暦では昨日(ニサンの14日)の午後6時(日没)から過越祭です。キリスト教では本主日から受難週となり、次主日4月4日がイースター(復活祭)になります。イエス様は過越の贖いの小羊として十字架につけられました。午前9時から午後3時だったことが聖書に記されてあります(マルコ15章25、34節)
  • 十字架刑…宗教指導者や政治的権力者に貶(おとし)められ、罪なき方が犯罪人として十字架刑に処されるとは、何と不条理なことでしょう。徹夜での尋問、裁判の後、横木を背負わされ、ゴルゴタの丘まで歩かされ、釘付けにされ、野ざらしにされ、人々の罵詈雑言(ばりぞうごん)を浴びせられ、完全に人として、神の子としての尊厳が踏みにじられたのです。
  • 十字架の下での人間模様…総督ピラトは「ユダヤ人の王ナザレ人イエス」と罪状書きを書き、十字架上に掲げました(ヨハネ19章19、20節)。祭司長はピラトに「“ユダヤ人の王と自称した”と書いてくれ」と要求しましたが、ピラトは「私が書いたのだ!」と突っぱねています(同21、22節)。ローマの兵卒たちは、何の躊躇もなく、冷徹にイエス様を十字架に釘付けにしました。そして、着物をくじ引きにしました(同23-24節)。イエス様の母マリヤ、その姉妹、クロパの妻マリヤ、そしてマグダラのマリヤは十字架の近くに佇んでいました(同25節)。母をはじめ、婦人たちの心境はどのようなものだったでしょうか? 一方、イエス様の弟子たちは、使徒ヨハネを除いては、蜘蛛の子を散らすように逃げ去りました。十字架の下で様々な人間模様が繰り広げられる中にあって、イエス様は十字架の上で七つのみことばを語られました。
  • 結び…イエス様は、地上生涯の最期、十字架で愛の証しの御業を貫徹されました。この事実ゆえに、すべての人に救いの道が拓かれたのです。

《追記》

Zoom礼拝参加を希望される方は、事前に電話連絡後、主日礼拝当日の10時15分-25分の間に

ミーティングID: 619 286 4474

パスコード: 3D3M69

でアクセスしてください。

ホストから参加の許可設定をします。

※注意事項

①礼拝時はホストから参加者のマイクをミュート設定にします(ミュートにしないとハウリングして音声が聞き取りにくい場合があるためです。礼拝後はミュート設定を解除します)

②イヤホンを使用すると音声が聞き取りやすい場合があります

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ