Posted on 11/24/2010 at 23:08, by matsumoto

感情の用途(李天秀著『牧会断想』より)

悲しみとか苦痛は、何の価値があるのだろうか?

人間は“感情の動物”だという言葉がある。人が考えて動くには感情の後押しがある。
どんなに正しいことを考え、動く力があっても、それを後押しする感情がなければ、長続きしない。

price baclofen 10 mg price where to buy baclofen online baclofen pump price tablets mail order baclofen buy baclofen tablets buy baclofen online. もちろん、1度や2度は、無理矢理に出来るかも知れないが、それもすぐ止めるようになる。それ故、人には感情が重要なのである。


感情の流れは、喜びと悲しみを与えながら流れる。喜びと悲しみは、感情の状態、程度ではなく、人
を動かすようにする“動力”である。それだけではなく、自己の感情は、他人と自分の未来に、必ず影響を及ぼすのである。別の言い方をすれば、“感情の連鎖反応”である。私たちはも家族の中で誰かが気分が悪いと、他の人も気分が悪くなる。喜びも同じである。 feb 3, 2014 – want to order baclofen online with no prescription and with cash on delivery ? the best pharmacy where you can buy baclofen online at a 


神の霊なる聖霊は、私たちの内に知的な悟りと、意志的な運動と、感情的な平安と喜びの慰めを与え
る。聖霊からも悲しみ、すなわち、嘆きもあり得る。そして、聖霊の慰めが去った霊的な渇きもあり得る。

また、罪によって聖霊に逆らうことで、抑圧もあり得るし、自分の情欲と血気から来る、後悔と痛みもあり得る。

こういう痛みは、何の使い道があるのだろうか?

明らかに神は、私たちの悲しみを慰められ、心を観られる方である。私たちの内で起こる悲しみと喜びを通して、神の御心を成されるのである。自分自身の悲しみが他人の喜びになることもあり、自分自身の失敗が他人の成功になることもあり得る。自分自身の悲しみと喜びのすべては、必ず誰かに現れるのである。

そして神は、地で呻き悲しみながら、慰められない、笑えない信徒たちに、新天新地で慰め、涙をぬぐい去って下さる(黙21:3、4)。
新天新地は、永遠の喜びと、慰めと、感激となる。別の言い方をすれば、この世で慰められず、抑圧
website codex.wordpress.org buy cialis without prescription antihistamines. it is used to relieve itching and generic atarax , . され、排除された悲しみと痛みは、神によって来る新天新地で、喜びと感謝のもととなるのである。
may 20, 2014 – buy baclofen , lioresal online discount for all next orders (10%) + coupon code ( 5%): one can order baclofen (lioresal) at online pharmacy.

悔しい悲しみと苦痛があっても、神を思い堪えよう(Ⅰペテロ2:19、20)。
主も十字架の前にある喜びを見て、痛みと、苦痛を耐えたのである(へブ12:3)。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ