Posted on 12/12/2021 at 17:09, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『眠りの霊と聖霊』(イエス・キリストの生涯 その189)(2021.12.12)

主が、あなたがたの上に深い眠りの霊を注ぎ、あなたがたの目、預言者たちを閉じ、あなたがたの頭、先見者たちをおおわれたから。(イザヤ書29章10節)こう書かれているとおりです。「神は、彼らに鈍い心と見えない目と聞こえない耳を与えられた。今日に至るまで。」(ローマ人への手紙11章8節)

  • はじめに…アドベント(待降節)の時を過ごしていますが本主日アドベント第三主日は「バプテスマのヨハネのキャンドル」です。バプテスマのヨハネは、救い主なるイエス様を世の人々にいち早く証した、福音宣教の先駆者でした。荒野に住み、いなごと野蜜を食べ、粗末な衣服に身を包んで、“声”として働いていました。御使いガブリエルが、神殿で朝夕の香を焚く奉仕をしているザカリヤに「(…)あなたの妻エリサベツは男の子を産みます。名をヨハネとつけなさい。(…)彼こそ、エリヤの霊と力で主の前ぶれをし、父たちの心を子に向けさせ、逆らう者を義人の心に立ち戻らせ、こうして、整えられた民を主のために用意する」(ルカ福音書1章13-17節)と、その誕生と、その働きについて告知しています。
  • 眠りの霊…衣料品通販大手ZOZOの創業者の前澤友作さんが国際宇宙ステーションからユーチューブで動画を配信していました。「伝えたいことは、頑張っていれば夢は、叶うんだと…本当に感無量です」「自分で頑張って稼いだお金で夢を叶えるというのは全然、僕はいいと思うんです(…)皆さんも夢を諦めずに頑張っていきましょう」と。彼は能力もあり、アグレッシブ(攻撃的・積極的)ですが、何かしらその言動に虚しさ、空回りしている感じがします。今日のテキストでイザヤの語る“眠りの霊”が注がれているからかも知れません。出発前に「宇宙に行って自分がどう変わるか楽しみ」と語っていましたから変えられることを祈ります。しかしこれは前澤さんだけの問題ではありません。私たち自身の問題でもあります。
  • 聖霊…イエス様はバプテスマのヨハネを「女から生まれた者の中でもっともすぐれた者」(マタイ11章11節)と称賛しています。ヨハネとて人の子。すぐれた人間であっても神の子ではありません。エリヤの霊と力を持っていても聖霊ではありません。聖霊と火のバプテスマを授けられるイエス様のみが私たちに永遠のいのちをお与えになります。私たちを肉の人から霊の人へ、御霊に満ちた新しい人に創造される方です。眠りの霊から解放してくださいます。イエス様との永遠の交わり(御国)の中へ入れてくださいます。
  • 結び…父なる神の一方的な恵みによって私たちを永遠のいのちに生きる者としてくださる主の愛を覚えつつ、待降節を過ごせる幸いを感謝します。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ