Posted on 03/13/2022 at 19:43, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『変わらない愛の契約』(イエス・キリストの生涯 その204) (2022.3.13)

耳を傾け、わたしのところに出て来い。聞け。そうすれば、あなたがたは生きる。わたしはあなたがたととこしえの契約、ダビデへの変わらない愛の契約を結ぶ。(イザヤ書55章3節)/神がイエスを死者の中からよみがえらせて、もはや朽ちることのない方とされたことについては、『わたしはダビデに約束した聖なる確かな祝福を、あなたがたに与える』というように言われていました。(使徒の働き13章34節)

  • はじめに…毎日ライブカメラでウクライナの首都キエフの様子を確認していますが、カメラで見る限り、自家用車が走っていたり、ハトが飛んでいたりする様子が映っており、今のところ戦火は及んでいないようです。一方、ロシア側のライブカメラは見ることができません。情報統制されているのでしょう。一日も早いロシア軍の撤退とウクライナの人々の平和の回復を祈ります。
  • プリム祭…今週17日(木)、イスラエルでは「プリム祭」が行なわれます。異教の地ペルシャに暮らしていたユダヤ人が、高官ハマンのユダヤ人殲滅(せんめつ)の策略から救われ、絶滅の危機を逃れた事を記念する祭りです。会堂や家庭では『エステル記』が朗読されます。そして子供たちが仮装したり、「ハマンの耳」と呼ばれる耳の形をした用意されたクッキーを食べる、子供たちが最も楽しみにしている祭りです。今年はウクライナの平和を願って、クッキーを青と黄色の色をつけようと呼びかけられているようです。
  • 呪いから祝福(恵み)へ…今日のテキストはイザヤ書55章です。天地創造の主の恵み(祝福)を受けよ、というメッセージが込められています。それは変わることのない神様の、私たちに対する愛のメッセージです。昔も今も、権力者や資本家のことばに操られています。欲望を駆り立てられ、不安を煽られます。逆に言えば“みことばの飢饉”に陥っています。呪われています。それゆえに愛の主は、「わたしに聞け、良い物(みことば)を食べよ」(イザヤ55章2節)と、祝福(恵み)を語りかけています。「わたしの道は、あなたがたの道より高く、わたしの思いは、あなたがたの思いよりも高い」(同9節)、「わたしのことばは、必ず望む事を成し遂げ、言い送った事を成功させる」(同11節)と、祝福(恵み)のみことばの確かさを告げていす。みことばは呪いを解き、祝福に代える真実のみことば、イエス様ご自身の語られるみことばです。
  • 結び…私たちの人生を新しく造り変えてくださる天地創造の主、贖いの主のみことばに共に信頼して歩みたいと願っています。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ