Posted on 01/09/2011 at 21:47, by matsumoto

異言(李天秀著・松元信行訳『牧会断想』より)

buy azithromycin canada cheap zithromax 異言は、信仰によって自己意識を否認しようとする信徒に、彼の魂を満たす奇跡を体験するようにする(Ⅱコリント12:2、3)▼しかし、自己意識を中心にして批判する人には、異言は非難と蔑視の対象のでしかなく、本当につまらないことである▼異言は、どんなにやっても、全く自意識の助けにならず、役に立たないように見えるので、多くの批判を受けるのである▼異言を批判することによって、自意識が充電されるが、これが自分にとって何の有益にもならないことを肝に銘ずるべきである(悪魔も自意識によって高慢になったが、結局、何の有益も得られなかった)(Ⅰテモ3:6)▼人の口で発する音の中で、自意識と関係ない言葉は異言だけである▼異言は、自分が主体的に語るのではなく、聖霊が語らせるままに話すことである▼そして人の口で語る言葉の中で、自分に有益を与える言葉も、異言だけである(Ⅰコリント14:4、ヤコブ3:6)。
 
buy estrace online, buy gestodene ethinyl estradiol in india, cheapest place to buy estrace cream . 異言を話す者は、人に話すのではなく、神に話すのです。というのは、だれも聞いていないのに、自分の霊で奥義を話すからです。(Ⅰコリント14:2)

<!– –>

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ