Posted on 01/16/2011 at 09:24, by matsumoto

主日メッセージ要約『共に苦しみ、共に祈り、共に喜ぶ』(2011.1.16)

今日のみことば buy doxycycline acne | usa canada uk | buy online without prescription. low prices, fast delivery and secure online processing.

神が多くの子たちを栄光に導くのに、彼らの救いの創始者を、多くの苦しみを通して全うされたということは、万物の存在の目的であり、また原因でもある方として、ふさわしいことであったのです。(ヘブル2章10節)

■はじめに…私の働いている整骨院で、来月から“足つぼマッサージ”を始めようという計画があります。それで私も院で開催する、足つぼマッサージの講習会に出席しています。足裏の部分部分が、身体の各器官に対応していて、たとえば親指の腹が「脳」、土踏まずの中央部分が「腸」といった具合です。人間の身体は不思議なほど各部分が調和しています。

self-intoxication means buy cheap lioresal self-poisoning. and believes buy baclofen online them to be the cause of a large number of pathological con- ■栄光…“栄光”についてイエス様ご自身は「あなたがわたしに下さった栄光を、彼らに与えました。それは、わたしたちが一つであるように、彼らも一つであるためです」(ヨハネ17章22節)と、おっしゃいました。つまり、栄光とは、イエス様と私たちがひとつであること、ひとつの身体、“一体”であることに他なりません。

■苦しみ order generic baclofen pain reliever/muscle relaxant at our online pharmacy and save upto $30.91. save more on baclofen can be taken with or without food. …イエス様と私たちが一体であるため(目的)に、一体である(原因)からこそ、イエス様は、苦難の生涯を歩まれました。そして、最大の苦しみである十字架の死を担われました。私たちも人生の様々な場面で苦しみに遭います。病気やケガ、災難、別れ、裏切り…。しかし、その苦しみの時、ゲッセマネでイエス様が苦しみもだえ、祈られた(ルカ22章44節)ように、私たちも祈りに導かれます(詩篇18篇6節)。

■共に苦しむ…苦しみは、自分自身の苦しみだけに留まらず、隣人の苦しみをも、ともにします(Ⅰコリント12章26節)。特に弱い人に対してはことさらです。なぜなら私たち教会は、キリストの身体だからです。そして身体の各部分の苦しみのすべてを、頭なるイエス様がご自身の苦しみとして担って下さっておられます。弱肉強食の世の中にあって、キリストのからだなる教会は、共存共栄(ひとつの身体、一体)の現れです。共に苦しむ者には、真に喜びの実が約束されています。

結び…今週一週間も、キリストの身体として、共に苦しみ、共に祈り、共に喜びの実を結ぶ一週間となるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ