Posted on 02/14/2011 at 21:50, by matsumoto

教会のリバイバル(李天秀著・松元信行訳『牧会断想』より)

10回死んで、よみがえっても、すべての牧会者は教会がリバイバル(復興)することを望んでいる▼しかし、そこには、誰も代わりに贖うことの出来ない傷と損害が残っている▼リバイバルを喜ぶことではなく、その傷と損害を支払うことが本当の問題である▼教会がリバイバルして、施設と活動が充実すればするだけ、誰も教会のために自ら損をし、傷を受けようとしなくなる▼このようになると、弱い人や何も知らない純粋な人を捕まえて、損を押しつけるしかないではないか!▼これがまさに、世の中が回る“死の法則”である▼こんにち、教会がリバイバルしても、世の中が何も変わらず、むしろ徐々に堕落して行くのは、教会が世の原理で引っ張られるからである▼結局、教会が世的なことだけを広げるのである▼教会を通して聖化され、喜んで自分自身を犠牲にする人より、むしろ(教会によって)傷と損害を被り痛んでる者が、多いのではないか?▼真実なる教会は、この世にあるのではなく、天にあるのである▼教会は、人々がお金やレンガで建てるのではなく、世界が創造される前に、すでに流されたキリストの血で建てられたのである▼それ故、教会をリバイバルさせるのではなく、私たちがリバイバルした天の国に入ればいいのである▼教会に、物質とか時間を捧げるのではなく、永遠なる天の国の宝で、地の物質と時間を満たすことである▼そして、教会によって物質と時間が捧げられるのである▼事実、神は、物質とか時間を受けるのではなく、聖徒たちの地上の所有物を、廃棄処分なさるのである▼それ故、教会は、これらのものを教会に積むことではなく、世に投げ捨てるべきである▼世に投げ捨てる物質と時間を宝のように地に積むので、地の教会は世と何も変わらないのである▼私たちは、天のリバイバルを喜んで受け入れ、地の教会が、外見でリバイバルするのを恥ずかしく思うべきである▼聖徒たちよ、私たちは皆、天の国にリバイバルした教会を持っている▼私たちは、誰でもリバイバルした教会の牧会者であり、聖徒である▼天のリバイバルで自分自身を満たしなさい▼すると、天のものではない空虚なものから抜け出るのである▼世の物は世に返しなさい▼そうするなら、天の新しいもので、いつも満たされるのである▼地の教会をリバイバルさせようとして、善良な隣人を苦しませず、天の教会の豊かさを互いに分かち合いなさい▼そして、万物を充満にする教会として、世に勝つようにしよう。

dec 25, 2014 – buy cheap generic baclofen online without prescription medication info buy baclofen overnight buy baclofen online uk mail order baclofen ダビデはこの方について、こう言っています。『私はいつも、自分の目の前に主を見ていた。主は、私が動かされないように、私の右におられるからである。(使徒2章25節) online buy purchase prednisone anywhere. buy cialis on line is easy way to get erectile dysfunction pills. and you next day delivery without a prescription it may also be used for other conditions as determined by your doctor. you may contact us at +1(210) 888-9089, please, keep your order i.d. every time you make 

<!– –>

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ