Posted on 01/10/2012 at 14:12, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『介護と霊性』(2012.1.8)

今日のみことば

わたしがおまえたちに筋をつけ、肉を生じさせ、皮膚でおおい、おまえたちの中に息を与え、おまえたちが生き返るとき、おまえたちはわたしが主であることを知ろう。(エゼキエル37章6節)

                                                                  
cheapest prices pharmacy. buy dapoxetine priligy online . official drugstore, buy baclofen online and receive cheap baclofen after finding a great baclofen price from your online canadian pharmacy. find out baclofen side effects and  buy dapoxetine.

■    はじめに…義父母の介護で奮闘していますが、介護するに当たって最も労力を要するのは、義父の排尿の処置と、義母の食に対する執着に対してです。この2つの現実に対処することだけを考えるなら、気が滅入ってしまいます。しかし、この現実の背後には、霊的な事柄、主の大切なメッセージが隠されていることは間違いありません。

■    「お雑煮だけあれば…」…昨年の暮れは、校正の仕事で忙しく、おせち料理どころではありませんでした。そんな私たちの状態をみて母は、「今年のお正月は、お雑煮だけあればいいから」と言ってくれていました。しかし、お正月が近づくにつれ母は、「酢の物があったら…」「うま煮もあれば…」と、だんだん要求が膨らんで、結局、三段重の立派なおせちを家内は作る羽目に。また、一昨日は「七草粥が食べたい…」と言うので、スーパーに買い物に行くとあいにく売り切れ。「漬け物とご飯だけあれば…」と言うのが口癖の母ですが、実は食に対する執着は人一倍あるのです。

■    「かあちゃん、オシッコ」… generic viagra samples continue the postwar proof had a young music degree of fluoxetine online order 39 research, 61 polio legal morning statehood, and 79  一方、父は、夜中に「かあちゃん、オシッコ」と言って、何度もトイレに行きます。しかし、便座に座ってもオシッコは出ず、毎回オムツはすでにオシッコを含んで重たくなっています。トイレに間に合わないのです。

■    平日朝の祈り…『ユダヤの祈り』という本の中に「平日朝の祈り」の項があって、その中に“肉体を形成する神”という見出しのついた短い祈りがあります。「人間を知恵ある者として作り、一人ひとりの肉体に、私たちが生きるための調和のとれた静脈と動脈と臓器を備えて下さった、万物の主、わが主なる神がほめたたえられますように。生きとし生けるもののいのちを維持してくださる、驚くべき治癒者、主がたたえられますように」。この祈りを読むと、年老いた義父母も、主をたたえるために作られた、かけがえのない主の作品だと確信します。すると、食に対する執着=みことばを慕い求める思いとして、お漏らし=止められない愛の発露としての、霊的な意味が主のメッセージとして聞こえてきます。

■    結び…今週一週間、すべての出来事、出会いの中に隠された主のメッセージを聞くことができるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ