Posted on 02/05/2012 at 07:04, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『介護と霊性』(2012.2.5)

今日のみことば

彼はさげすまれ、人々からのけ者にされ、悲しみの人で病を知っていた。人が顔をそむけるほどさげすまれ、私たちも彼を尊ばなかった。(イザヤ53章3節)

                                                                  

■    はじめに…私たちは今、両親の介護に孫守り、校正の仕事で青息吐息。荷が重すぎて、この状況に押し潰されそうです。「なぜ(私たちだけが)こんなに苦しまなければならないのか」というような、泣き言、恨み節が口をついて出てしまいます。

■    限界…もとをただせば母のSOS、娘のSOS、知人のSOSに応えて引き受けたものです。ただそれらの時期が重なって、容量オーバーになってしまったのです。隣人を助けたいという一心で手を差し伸べたことですが、私たちの自力では限界です。

buy baclofen canada buy lioresal 25 mg buy lioresal 10 mg how to buy baclofen buy baclofen online buy lioresal online after comparing prices. order baclofen without a prescription . how much does lioresal cost? buy lioresal online order baclofen uk buy baclofen online  ■    主が聞き、答えられる…自分の能力の限界をわきまえたモーセやエレミヤは、主に申し立て(召命の辞退)をしています(出4:10、エレミヤ1:6)。しかし私たちの訴え、嘆き、あるいは怒りすらも聞いて下さる主がおられることを今一度、思い起こしたいと思います。主に訴えるなら、詩篇の作者が「苦しみのうちに、私が主に呼ばわると、主は私に答えられた」(詩篇120篇1節)と告白しているように、主が答えて下さり、モーセには助け手のアロンを示し(出4:14)、エレミヤには主ご自身が共におられ救い出して下さることを示して下さいました(エレミヤ1:8)。モーセ、エレミヤの主は、私たちの主と同じ主です。主は御子を遣わして下さいました。

■    生き抜く力…主イエス様は、限界を持つ人としてこの世に来られました。無力な姿で十字架を担われました。ゆえに私たちのすべての悲しみ、病、苦しみ、痛みを共に体験し、知っていて下さいます。そして墓から復活されることで、私たちの目の前に大きな石のように立ちはだかっているいかなる困難も、主にあって克服されることを約束して下さっています。主は、復活を通して私たちに希望と勇気(「わたしがともにいる」という確信)を与えて下さり、明日を生き抜く力を与えて下さっています。

oct 7, 2014 – buy baclofen online uk . oral withdrawal alternativen generic levaquin dosage tizanidina what kind of muscle relaxer is. pharmakologie uso do

■    結び…困難な中にあるとき、ありのままを主に申し立て(祈り)、復活の力、明日を生き抜く力を、共に頂けるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ