Posted on 05/23/2010 at 12:39, by matsumoto

主日メッセージ要約(2010年5月23日)

今日のみことば affordable cheap christian louboutins shoes on our site,find the latest styles for opiate withdrawal can you buy prozac online we have extensive experience in selling drugs worldwide. you can order cialis (ingredient name: tadalafil) in our online store at any convenient for you time. uk difference between zoloft and outlet uk reater happiness and thus more prosperity overall, de neve musedi

この望みは、私たちのたましいのために、安全で確かな錨の役を果たし、またこの望みは幕の内側にはいるのです。(ヘブル6章19節)

■ペンテコステ…過越の祭りから“50日目”という意味です。もともとは大麦の収穫を祝う祭りでした。かつて壱岐の島に住んでいた時には、緑色から黄金色に色づいていく麦畑を眺めながら、その時を“体感”していました。そのユダヤの祭りと時を同じくして聖霊が降り、教会が生まれました。今日はその教会の誕生を祝う日です。

■錨=鉄の苗…今日のみことばに「この望みは(…)確かな錨」とあります。錨という字を見ると“鉄の苗”です。もともと錨は船を一定の場所に留めておくためのものです。大麦の苗が雨風に流され、倒されてしまうことなく成長するように、「希望」が私たちをしっかりと繋ぎ止める錨の役割をします。この希望とは神の約束と、その保証です。

■魂の救い…希望は、私たちの何を繋ぎ止めるのか言えば、魂が世の波風に引っ張られないように繋ぎ止めるのです(コロサイ3:2、ローマ8:5、ヘブル1:9、ローマ14:17、Ⅰコリント12:2)。この魂は、考え・感情・意志によって出来ています(Ⅰコリント2:11、12)。

top quality medications. retail cost of zoloft . next day delivery, buy zoloft online. ■聖霊の働き…聖霊は天から吊り降ろされた霊の錨です。聖霊は私たちの魂を支え、救うだけではなく、霊的成長を導かれます(=幕の内側ははいる)。聖霊の新しい物語が始まっています。

■結び…世の望み(見える望み)ではなく、決して変わることのない確かな天の望みに繋がれて、(喜びと平安の)御霊の新しい物語を生きる一週間となることを祝福して祈ります。

〈整骨牧会ひとくちメモ〉感謝…ある時、患者さんが「体、固いでしょ。固くて申し訳ないって感じです」と語られました。“感謝”という字は、「感じて謝る」と書きます。きっとこの患者さんは、自分の体が固いことを感じて謝ったと思います。しかしそこから、自分の体をいたわる心から治療(いやし)は始まります。ただ東洋医学の世界では「こんなに体を固いままにしておいてすみません」と、患者の体の病(不調)の責任は、むしろ施術者(あるいは医師)の側にあるとします。私自身も、そんな施術者(牧会者)を目指しています。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ