Posted on 06/03/2012 at 08:21, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『感情の救い』(2012.6.3)

今日のみことば

平和の神ご自身が、あなたがたを全く聖なるものとしてくださいますように。主イエス・キリストの来臨のとき、責められるところのないように、あなたがたの霊、たましい、からだが完全に守られますように(Ⅰテサロニケ5章23節)

cost of baclofen 25 mg us pharmacy what strength can you purchase baclofen baclofen next day delivery united states can you buy baclofen on the

■    はじめに…キリスト教の深遠な教義に“三位一体”があります。神が父・子・聖霊の三つのペルソナ(≒人格)を備えておられるという意味です。今なお神学の世界では議論が続けられており(たぶん)、永遠のテーマと言って良いでしょう。

he was already , buy prednisone with paypal buy cheap generic prednisolone online without prescription buy prednisone online for dogs – as well as you 

■    三位一体…神様が三位一体であるように、人間も三位一体だと言えます。霊・たましい・からだの三位一体です。Ⅰテサロニケ5章23節に「平和の神ご自身が、あなたがたを全く聖なるものとしてくださいますように。主イエス・キリストの来臨のとき、責められるところのないように、あなたがたの霊、たましい、からだが完全に守られますように」とあることから、そのことが分かります。さらに霊、たましい、からだも、それぞれ三つに分類することができます。

■    感情の救い…その中で特に、たましいを三つの側面から観てみると、知(考え)、情(感情)、意(意志)に分けられます。人間関係を営むうえで最大の関心事は、感情です。感情のもつれ(抑圧)が、ほとんどの問題の原因となります。感情は暴れ馬のようです。この感情を上手くコントロール、整理でき、人間関係が円滑になれば、どんなに幸せでしょう。二宮金次郎(尊徳)が薪を背負って読んでいたと言われる書物『大学』に、「家をととのへ治めようと欲する者は、先づ、おのれの身を修め、喜怒哀楽を道理にかなふやうして家人の模範とならなければならぬ。一身の本は、その心にある」と記されてあります。この中の一節「喜怒哀楽を道理にかなふやう」を信仰的に読むなら、「感情を道であり真理であるイエス様に沿わせる」ということになるでしょう。感情をイエス様の生き様、みことばに沿わせるとき、周囲の環境に振り回されていた感情が、主の栄光を現す、美しく力ある感情に変化(聖化)します。

generic fluoxetine ingredients buy fluoxetine without rx northstar rx fluoxetine rx fluoxetine hcl order fluoxetine online no prescription order fluoxetine online uk buy fucidin online ■    結び…新しい一週間、感情を野放しにせず、イエス様の生き様、みことばを沿わせ、喜びと平安、感謝と祈りに満たされた一日一日となるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ