Posted on 06/17/2012 at 22:16, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『喜び躍る人生』(2012.6.17)

buy estrace online, buy estradiol valerate tablets, buy ethinyl estradiol uk. generic name dienogest 2 mg ethinyl estradiol 30 mcg estradiol 234 online  今日のみことば

あなたがたはイエス・キリストを見たことはないけれども愛しており、いま見てはいないけれども信じており、ことばに尽くすことのできない、栄えに満ちた喜びにおどっています。これは、信仰の結果である、たましいの救いを得ているからです。(Ⅰペテロ1章8、9節)

■    はじめに…本主日は、いとすぎ教会の礼拝はお休みさせて頂いて(眞津代牧師の旧知の友人が所属している)白岡キリスト教会の特伝に参加しましたので、特伝講師をされた野田秀牧師(東京フリー・メソジスト桜ヶ丘キリスト教会協力牧師、著書多数)のメッセージの要約を掲載します。

■    三つの重要な動詞…今日の聖書のテキストには重要な三つの動詞があります。それは①愛する、②信じる、そして③喜ぶ、の三つです。

■    もうひとつの動詞…実は、この聖書の箇所には、もうひとつ、動詞があります。それは「見る」という動詞です。しかし聖書は、この「見る」ということを(必要ないとは言いませんが…)さほど重要なこととは言っていません。見えないものの中にこそ重要な真実があるのです。かつてチャップリンが“チャップリンのそっくりさん大会”に内緒で参加したことがありました。その大会で本物のチャップリンは3位だったそうです。このことは人の「見る」ということが、いかに心許ないかを物語る良い例です。聖書は「見る」ことよりも「聞く」ことの大切さを語っています。

■    目の不自由な信徒…私どもの教会の礼拝に、盲導犬に導かれて(?)教会に来る目の不自由な壮年がいます。最後会衆の皆さんが「アーメン」というと同時に、その方の盲導犬はスッと立ち上がります。(なぜ途中途中の「アーメン」には反応せず、最後の「アーメン」に反応して立ち上がるのか皆、不思議に思っています)。礼拝を終えて帰るときはいつも喜びに顔が輝いています。その方の姿は、イエス様を愛すること、信じること、喜ぶことをそのまま証ししています。

■    たましい(霊)の救い…どのようにしたら、愛し、信じ、喜ぶことが出来るかというと、それは信仰の結果、たましい(霊)の救い得たなら、と聖書は記しています。たましい(霊)の救いとはイエス様の交わりです。罪によって私たちはたましいからいのちが取り去られているのです。信仰によって私たちはイエス様と握手することが出来ます。その結果、ことばに尽くすことのできない喜びに満たされるのです。

■    結び…どうぞ皆さんがたましい(霊)の救いを得て、イエス様との交わりの中で、愛と喜びに満たされるよう祈ります。

comprar sildenafil citrate + fluoxetine online sin receta. vendo viagra super fluox-force en linea. comprar sildenafil citrate + fluoxetine online 10 oct 2012 … buy female viagra online canada. approved canadian healthcare. worldwide sin viagra 

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ