Posted on 07/22/2012 at 21:29, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『信じる人のしるし』(結語シリーズその2)(2012.7.22)

今日のみことば

purchase discount medication! dapoxetine price egypt . next day delivery, cheap dapoxetine. 信じる人々には次のようなしるしが伴います。すなわち、わたしの名によって悪霊を追い出し、新しいことばを語り、蛇をもつかみ、たとい毒を飲んでも決して害を受けず、また、病人に手を置けば病人はいやされます。(マルコ16章17、18節)

where to buy estrace vaginal cream 15gm online rx georgia want to buy estrace estradiol in internet discount no prescription tennessee generic estrace -cream  ■    はじめに…人生の折り返し点の年齢を過ぎ、後世に遺す言葉(辞世の句、あるいは墓碑銘)を探す人生の旅路に就いたように感じる昨今です。そこで聖書の各巻の最終章のことばをシリーズで取り上げようと計画しています。先週はマタイ福音書から、そして今週はマルコ福音書です。

■    主イエスの御名…「主イエスを信じる人には様々なしるしが伴う」と記されています。その最初にあるのが悪霊の追い出し。日本の伝統的な行事に節分の豆まきがありますが、これは季節の変わり目に(邪気、悪鬼によって)体調を崩すことが多いことから、「鬼は外、福は内」と唱えながら豆=魔滅をまき、無病息災を願うものです。これに対して主イエスを信じる者は、単なる行事ではなく日常生活の具体的な場面で“主イエスの御名”によって悪霊(悪鬼、鬼神)を追い出し、体を聖霊の宮とします。

■    新しいことば…次ぎに、新しいことば。「天地は滅び去ります。しかし、わたしのことばは決して滅びることがありません」(マタイ24章35節)とも語られているように、新しいことばは、古びず、滅びないことばです。いつも新鮮で、いのちと創造に躍動することばです。新しいことばは、ギリシア原語からすると異言です。

■    いやし…そして病人のいやし。病人に手を置く(按手する)ことによって、いやされるのです。これらのしるし(①悪霊追い出し、②異言、③いやし)を通して、福音(みことば)がますます救いの確信となっていくと、そうマルコ16章は結ばれています。しかも「主がともに働いて」下さると語られています。

7 oct 2012 … buy female viagra online. approved canadian healthcare. 24/7 online support.

■    結び…今週も、主がともにいて、ともに働いて下さることに信頼して、臆することなく大胆に福音を伝えることができるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ