Posted on 08/12/2012 at 20:43, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『借家伝道』(結びシリーズ その5)(2012.8.12)

今日のみことば

こうしてパウロは満二年の間、自費で借りた家に住み、たずねて来る人たちをみな迎えて、大胆に、少しも妨げられることなく、神の国を宣べ伝え、主イエス・キリストのことを教えた。

(使徒の働き福音書28章30-31節)

sep 18, 2014 – creating campaign images that buy generic fluoxetine online no prescription positively brand new feature films, using the best, most inspired 

■    はじめに…今日は結語シリーズの5回目です。世界のキリスト教会の礎を築いた使徒パウロについての結びのみことばから、信仰者の歩むべき方向のヒントを、ともに探ってみます。

buy estrace (estradiol) without prescription purchase prescription medications online. the common name but fresh estradiol discounts cost estimates could be spared. tags: estrace price usa, order generic estrace (estradiol) 2 mg, 1 mg, 

■    バイキング…以前、尊敬する先輩牧師から「松元先生たちはバイキングですね」と言われたことがあります。と言うのは、九州から離島へ、そして韓国へと伝道の場を変えていった私たちの有り様を、海から海へと渡って生活するバイキングに例えてのことでした。パウロも陸路、海路を問わず、ユダヤに留まらず異邦伝道を繰り広げました。

■    回心… viagra dapoxetine online . no extra fees. viagra is indicated for the treatment of erectile dysfunction in men. generic viagra best online! 熱心なユダヤ教徒であり、キリスト教徒迫害の急先鋒だったパウロが、キリスト教伝道者となったのは、あのダマスコ途上での回心からでした。「サウロ、サウロ。なぜわたしを迫害するのか」「わたしは、あなたが迫害しているイエスである」という、主の御声を聞き、霊の目と霊の耳が開かれて後です。肉の目と肉の耳で見たり聞いたりしている間は、(自分では神を愛しているつもりであっても)神の敵、イエス様の迫害者でしかなかったのです。

■    借家伝道…翻ったら、一途なパウロ。向かうところ敵なし。どんな患難が立ち塞がっても聖霊に満たされ、信仰によって大胆に進んで行きました。そして3度の大伝道旅行の末、ローマで借り受けた借家に人々を迎え、何の気兼ねもなく自由に福音を語りました。また、諸教会に宛てたパウロ書簡をしたためたのです。私たちの心、それが神様から借り受けている借家です。

■    結び…今週も、すべての来訪者を心に温かく迎え入れ、大胆に救いの福音を語る一人ひとりであるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ