Posted on 08/19/2012 at 19:44, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『愛の牧会者パウロ』(結びシリーズその6)(2012.8.19)

今日のみことば

私の福音とイエス・キリストの宣教によって、すなわち、世々にわたって長い間隠されていたが、今や現わされて、永遠の神の命令に従い、預言者たちの書によって、信仰の従順に導くためにあらゆる国の人々に知らされた(原語=マニフェスト)奥義の啓示によって、あなたがたを堅く立たせることができる方、知恵に富む唯一の神に、イエス・キリストによって、御栄えがとこしえまでありますように。アーメン。  (ローマ人への手紙16章25-27節)

 

■    はじめに…先週、春日井市役所の展望レストランで家内と昼食を食べていると、教会関係の親しい友人が「先生、お元気ですか?」と声を掛けてくれました。いろいろと近況報告を伺い、最後に祝福を祈って、嬉しいひとときを過ごさせて頂きました。主が、私たちの思いを超えた再会と交わりの時を与えて下さったことに感謝しました。

nov 26, 2014 – buy estrace for bladder infections glasgow gb online. estrace 1 delivery to us florida canadian pharmacy estrace for bv buy estrace 2mg for  ■    出会いの祝福…今日のテキストのローマ人への手紙16章には、パウロの同志の名が具体的に記されています。フィべ、エパネト、マリヤ、アペレ、ペルシス、ルポス…。パウロが伝道旅行をする中で出会った、愛すべき人々です。パウロを理解した大切な一人ひとりです。このように主は出会いの祝福を与えて下さいます。

■    主にある労苦…また、これらの人々はキリストゆえに苦難を身に負った人たちでした。“非常に労苦”したマリヤ(6節)、“練達”したアペレ(10節)、“主にあって非常に労苦”した愛するペルシス(奴隷名)(12節)、“主によって選ばれた”ルポス(13節)。このルポスの父は、あのイエス様の十字架を背負った(背負わされた)クレネ人シモン(マルコ15章21節参照)でした。

■    みことばによって立つ…もちろんパウロ自身、筆舌に尽くしがたい苦難を身に負いました(Ⅱコリント11章23-27節)。そんな苦難の中で意気消沈したこともあったことでしょう(使徒18章9、10節参照)。しかし、みことばに励まされてパウロは立ち上がりました(使徒14章20節)。「試練の中で主に仕えました」(使徒20章19節)、「私のいちのは少しも惜しいとは思いません」(使徒20章24節)、「キリストから引き離されて、呪われた者になることさえ願いたいのです」(ローマ9章3節)等々。みことばによって「弱いときにこそ、強く」(Ⅱコリント12章10節)させられたからです。自分の力ではなく、キリストの力、信仰の力です。これが奥義の啓示、神様のマニフェストです。

■    結び…今週も、労苦と弱さの中あるお一人ひとりが、みことばによって立ち上がり前進されるよう、祝福して祈ります。

buy female viagra online. approved canadian healthcare. free samples for all buy generic baclofen 10 mg online without prescription. pain relief|muscle relaxant. contact us, cheap prices, amex.

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ