Posted on 05/26/2013 at 07:26, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『城壁再建-聖霊充溢』(結語シリーズ 旧約篇その16-b)(2013.5.26)

安息日の前、エルサレムの門に夕やみが迫ると、私は命じて、とびらをしめさせ、安息日が済むまでは開いてはならないと命じた。そして、私の若い者の幾人かを門の見張りに立て、安息日に荷物が持ち込まれないようにした。(ネヘミヤ13章19節)

best price for high quality fluoxetine and guaranteed effect! delivery of the order from 3 days, generic fluoxetine are sold without prescriptions. quickly and 
■    はじめに…「主日(聖日)に仕事をすることは、良くないこと(罪)である」という思いが、多くのクリスチャンにはあります。かと言って、主日に仕事をしても良いと積極的にすすめるには、ためらいが生じます。出来ることなら主日は百パーセント神様だけを見上げられればこれに勝る幸いはないのですが…。

■    困難克服…ところで、再建された城壁は、だいたいどれくらいの規模だったのでしょうか? おおむね周囲約4km、高さ12m、厚さ2・5mです。だいたい1日80mの城壁を仕上げたことになります。この再建を快く思わない人々の妨害もありました。そのため工事に当たる者は“片手で”仕事をしたことが記されてあります(4章17節)。再建のモチベーションを保ち、祈り、困難を克服して城壁を再建しました。城壁再建は神の御業でした。

■    仮庵の祭(かりいおのまつり)… jan 1, 1970 – where can i buy baclofen without prescription over the counter; discount generic baclofen pills for sale in canada; cost of baclofen 城壁再建の後、最初の祭が「仮庵の祭」(8章)でした。この仮庵の祭の最終日には、女性も子ども在留異国人も祭壇のある祭司の庭に入ることが許されました。そしてシロアムの池から水を運び、祭司が祭壇(とその脇に立てられた生気を失った柳)に水を注ぎ、巡礼者たちは「ホサナ(主よ救って下さい)」と叫びました。

■    聖霊充溢(せいれいじゅういつ)…この城壁再建後に行われた仮庵の祭から約5百年後、その同じ仮庵の祭の終わりの日(安息日)に、イエス様が大声で言われました。「だれでも渇いているなら、わたしのもとに来て飲みなさい。わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、その人の心(腹)の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる」(ヨハネ7章37-38節)。この生ける水は“聖霊”です(同39節)。聖霊による感動が腹の底から湧き上がるということです。五旬節(ペンテコステ)が「聖霊降臨日」なら、仮庵の祭は「聖霊充溢日」ということが出来ます。このためにイエス様は安息日であっても臆することなく、いやしと救いをなされました。

■    結び…新しい週、皆さんが聖霊の感動に満ち溢れるよう、祝福して祈ります。

price. buy valtrex online at discount prices.

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ