Posted on 01/01/2014 at 09:35, by matsumoto

元旦礼拝メッセージ要約『信仰を体験する』(2014.1.1)

信仰の創始者であり、完成者であるイエスから目を離さないでいなさい。(ヘブル12章2節)

apr 10, 2011 – buy baclofen online, baclofen side effects pump, baclofen pump ms spasticity.
viagra® for women – buy cheap female viagra® (sildenafil citrate) pills online

■    はじめに…明けましておめでとうございます。主の年2014年も、ともに主を仰ぎつつ、ともに愛をもって信仰の道を歩んでいきたいと願っています。

■    信仰とは…今年の主題聖句を今日のテキストに取り上げていますが、ヘブル書12章2節です。信仰はイエス様に始まり、イエス様によって成就すると語っています。では、その信仰とは何でしょうか?

■    信仰の体験…2013年最後の礼拝の後、皆で(といっても5人ですが…)ささやかな茶話会(本当に一杯のお茶とお話だけでしたが…)をしました。そこでラーキンスさん(85才)が「信仰ってピュアなものじゃないですか。単純に信じたらいいんじゃないですか。今までの自分の小さな経験からいいますが、神様は本当に大きな愛の方です」というようなことをおっしゃいました。信仰は体験することで神様の愛を悟ることで、単なる知識ではありません。ですから信仰は具体的です。

■    ぼくの信仰…内村鑑三は「ぼくの信仰」と題して彼の主宰する『聖書之研究』誌の1915年6月号に次のように書いています。「ぼくの信仰はいたって簡単である。これは十語以下をもって言い表わすことができる。神、愛、恩恵、信仰……神は愛である。ゆえに罪人に対するに恩恵をもってしたもう。そうして人は信仰をもって、この恩恵を、おのがものとして享受することができる……ぼくの信仰はこれだけである(…)ぼくは君たちがいつまでもこの簡単なる信仰を保たれ、いつまでも学生としてまた男童(ボーイズ)として存(のこ)らんことを望まざるを得ない。人を早老せしむるものは複雑なる信仰である。われらは単純なる信仰をいだいて、永久に小児であることができる。」

jul 6, 2014 – buy dapoxetine with paypal – reasonable prices for most reliable medications and trustworthy shipping. cheap prices and excellent quality 

■    結び…新しい主の創造の年2014年、私たちを大きな愛の御手で包み、恵みを下さるイエス様に全身全霊、信頼して、ともに信仰体験を分かち合う一年となりますよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ