Posted on 02/02/2014 at 07:01, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『世に勝つ希望の信仰』(信仰シリーズその6)

信仰は望んでいる事がらを保証し、目に見えないものを確信させるものです。(ヘブル11章1節)

■    はじめに…「わたしの願い」/わたしはしゃべれない歩けない/口がうまくうごかない/手も足も自分の思ったとおりうごいてくれない/一番つらいのはしゃべれないこと/言いたいことは自分の中にたくさんある/でもうまく伝えることができない/先生やお母さんに文字盤を指でさしながら/ちょっとずつ文ができあがっていく感じ/自分の言いたかったことがやっと言葉になっていく/神様が1日だけ魔法をかけて/しゃべれるようにしてくれたら…/家族といっぱいおしゃべりしたい/学校から帰る車をおりてお母さんに/「ただいま!」って言う/「わたし、しゃべれるよ!」って言う/お母さんびっくりして腰をぬかすだろうな/お父さんとお兄ちゃんに電話して/「琴音だよ!早く、帰ってきて♪」って言う/2人ともとんで帰ってくるかな/家族みんながそろったらみんなでゲームをしながらおしゃべりしたい/お母さんだけはゲームがへたやから負けるやろうな/「まあ、まあ、元気出して」ってわたしが言う/魔法がとける前に/家族みんなに/「おやすみ」って言う/それでじゅうぶん

■    不自由さの中で… indian viagra tablets names, trusted pharmacy cpm, canadian on line pharmcay hydroxyzine. buy fluoxetine online no prescription- india finpecia price? これは産経新聞夕刊1面の「夕焼けエッセー」に掲載された、事故の後遺症で肢体不自由となり言葉も失った小学6年生、森琴音ちゃんの詩です。私たちの身近なところにも不慮の事故や病気、生まれた境遇で、ほんのささやかな自由さえない生活を送っていらっしゃる方があります。聖書の中にもそのような人々が数多く描かれています。足の不自由な人、目の不自由な人、悪霊に憑かれた人、貧しい人…。

dec 21, 2014 – uk drug buy dapoxetine online buy priligy australia common pills online dapoxetine uk pill generic priligy buy priligy treat premature  ■    共に生き、死なれ、復活された主…イエス様は、徹底して身体的、精神的、社会的な不自由さの中で生きている人々に寄り添って生きられました。それらの人々の痛み、苦しみ、悲しみ、病を自らのこととして生きられました。生きられただけでなく、そのために十字架を負って死なれました。しかしそれで終わりではなく復活されました。

■    信仰…この主イエス様が、今も私たちを大切にしてくださっていることに信頼すること、霊的にイエス様とつながっている信仰が、私たちに与えられています。

jul 31, 2014 – baclofen order online without script how to buy buy baclofen online. baclofen 25 mg pille buy baclofen overnight delivery generic drug 

■    結び…新しい週、1日だけの魔法(奇跡)にとどまらず、復活、永遠のいのちを約束してくださっている主イエス様からの希望を胸に抱いて生きられますよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ