Posted on 06/15/2014 at 05:08, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『聖書―いのちの源』(信仰シリーズその25)(2014.6.15)

buy cialis online buy antabuse online buy estrace buy valtrex buy clomid you buy antabuse over the counter in uk buy baclofen 4rx cheap propecia no  また、幼いころから聖書に親しんで来たことを知っているからです。聖書はあなたに知恵を与えてキリスト・イエスに対する信仰による救いを受けさせることができるのです。 聖書はすべて、神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練とのために有益です。 (Ⅱテモテ3章15―16節)

■    はじめに…サッカー・ワールドカップがブラジルで開幕し、今日午前10時日本VSコートジボワール(アフリカ)がキックオフ。日本の初陣を前に、昨日の中日新聞のコラム「中日春秋」に、印象に残るこんな結びのことばが記されてありました。「直径二十二センチほどのボール一つが、直径一万二千七百キロの惑星の人々の目をくぎ付けにし、心を動かす。宇宙人が見たら、不思議な球に見えるに違いない。」

■    武器を置いてください…いまも内戦に苦しむコートジボワール。同国代表が初のW杯切符を勝ち取った時、キャプテンであり、エースストライカーであるドログバ選手は和平への思いを語り、国民の心を動かしたそうです。「私たちはこの国の人々がともに生き、同じゴールに向かいプレーできることを証明した。次は皆さんがやってみせてください。武器を置いてください」

■    希望のことば…ドログバ選手に限らず、サッカーで活躍する選手のことばと行動が、将来に担う子ども達に夢と希望、そして高い志しを与えています。日本代表の本田選手もその一人。「何でもスムーズに上に行くことはないと思うし、一度や二度の挫折は誰にでもある。一番重要なのは、その挫折から立ち直れるか、立ち直れないかだと思う」「「挫折は過程。最後に成功すれば挫折は過程に変わる。だから成功するまで諦めないだけ」

■    励ましの手紙… generic name for doxycycline. official drugstore, generic form of doxycycline ., order online at usa pharmacy! buy doxycycline hyclate. free delivery  パウロも、若い愛弟子テモテに励ましとアドバイスの手紙をしたためました。このテモテへの手紙が、パウロの書いた最後の手紙です。「聖書は神の霊感による」「みことばを宣べ伝えなさい」「慎み、困難に耐え、伝道者として働きなさい」

■    託されていることば… fluoxetine india, can you buy prozac , canada pharmacy prozac no prescription. prescription reduced prescriptions – efficiencies carefully a prices operations 将来を担う幼い子ども達、若い青年達に対して語るべきことばが、私たちクリスチャン一人ひとりに、主から託されています。手のひらに載る一冊の聖書のなかにいのち源があります。

■    結び…今週、主が私たち一人ひとりを、いのちのみことばの使者として用いてくださるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ