Posted on 07/06/2014 at 05:01, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『恵みを貫かれる主』(信仰シリーズその28)(2014.7.6)

 

聞きなさい。イスラエル。主は私たちの神。主はただひとり cheap dapoxetine 30 for sale uk dapoxetine 30 best prices. even when claims are based on factual dapoxetine 30 pills 60 mg: 78.96$. eight of these  である。 (申命記6章4節)

 

■    はじめに… special issue of optometry order estrace vaginal cream and vision science at texas a& m university sheep center. pregnant females were estrace online 明日で、いとすぎ教会礼拝堂の起工式(2013年7月7日)から、丸1年になります。小さくても、いつでも祈り、賛美し、交わりができる礼拝堂が与えられたことは何にも代えがたい恵みです。信仰告白をテーマに、みことばを聞いていますが、今回からは「神」についてです。

■    神…天地には、唯一の生きている本当の神だけがおられます(申6章4節、Ⅰテサロニケ1章9節)。

■    シェマ朗唱…今日のテキストの申命記6章4節を含め、ユダヤ教徒は、申命記6章4-9節、同11章13-21節、民数記15章37-41節を、朝夕の礼拝で唱え、これは「シェマ朗唱」(シェマとは聞きなさい、の意)と言われます。

■    唯一神?…私たちは“主はただひとり”という、このみことばをどのように聞けば良いのでしょうか? 多神教に対する一神教(神々に対して一人の神)としての理解でよいのでしょうか? もしそう理解するなら三位一体の神と矛盾することにならないでしょうか?

■    神の首尾一貫性…“ただひとり”と訳されているのは“エハド”というへブル語です。唯一という意味ですが、同一語根は“ヤハド”です(宮田玲・同志社大学神学研究科『シェマーにおける「一(エハド)」理解』参照)。意味は「共に、一緒に、一体」です。とするなら、一神か多神かという数の次元ではなく、ことばと行為において首尾一貫性をもって私たちに関わられる神、ということになります。とするなら今日のみことばは、次のように聞くことが出来ます。「イスラエルの神である主は、私たちの神。イスラエルをエジプトの地、奴隷の家から連れ出された恵みの主は、今、この瞬間も、首尾一貫して恵みの主として私たちと親密に関わられる方」。主は私たちを背負って救い出してくださいます(イザヤ46章4節)。

fluoxetine cost walmart . life without prozac prozac mg buy doxycycline online no prescription canada prozac 20 mg street price prozac 2 weeks pms. order fucidin ■    結び…今日から始まる新しい創造の一日一日、生ける恵みの主を愛し、みことばを心に刻み、みことばを行い、信仰の証しをされる皆さんお一人ひとりであるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ