Posted on 06/20/2010 at 07:18, by matsumoto

主日メッセージ要約(2010年6月20日)

今日のみことば

そのようなわけで、私たちは、心に血の注ぎを受けて邪悪な良心をきよめられ、からだをきよい水で洗われたのですから、全き信仰をもって、真心から神に近づこうではありませんか。(ヘブル10章22節) order valtrex online canada. what is the dosage of for cold sores valacyclovir para que sirve can i smoke tadalafil natural alternatives to valtrex oral herpes dose. dec 22, 2014 – cialis baratos viagra buy estrace online . where to buy estrace no prescription in australia; lowest price generic estrace tablets 

■恵みの雨…眞津代牧師が不在の10日間、最も大変だったのが花の水やりでした。朝、仕事に行く前に風呂の残り湯をバケツに汲んで、何度も行ったり来たりしながらの作業でした。十分に水をあげたつもりでも、翌日にはもう水不足。人のすることには限界があります。花たちが「イエス様、水を下さい!」と叫んでいるように感じました。ところが幸い、3日間は雨が降り、重労働から解放されました。しかも雨は地面の深くまで浸透しているようで、花たちは生きいき。雨を下さる恵みの主に感謝しました。

■イエスの血…血の注ぎによって罪が贖われるというのが、恵みの雨を下さる神様の約束でした。それで恵みの神様はイエス様の血によって完全な罪の贖いを成し遂げて下さいました。それは私たちの人格を改善するようなものではなく、罪人を全く新しく生かす力です。このイエス様の血潮に対する確信が“全き信仰”です。

■聖霊の満たし…全き信仰に生かされる者は、身体を聖霊で満たされます。それは新しい人を着た人です。

■結び…辛かった花の水やりでしたが、恵みの雨を惜しみなく下さる主の偉大さを改めて確信してからは、感謝とともに水やりをしました。イエス様の血潮による恵みの信仰に生かされて、新しい一週間、感謝を持って惜しみなく愛と善き業に励み、主に栄光をお返しされますよう、祝福して祈ります。

〈整骨牧会ひとくちメモ〉整骨牧会テーマ feb 26, 2014 – buy baclofen website buy baclofen soft australia buy baclofen cod online where can i order baclofen from baclofen cheap canada pharmacy /主を恐れて、悪から離れよ。それはあなたのからだを健康にし、あなたの骨に元気をつける。(箴言3章7、8節)…聖書には「箴言」という書(巻)があります。“箴”とは竹の針のことで、鍼灸(しんきゅう)の鍼(金属の針)と同様につぼを刺激して病を治癒するものです。ですから箴言とは、心のつぼに、みことば(聖書の言葉)の針を刺して癒す書ということが出来ます。箴言3章7、8節のみことばこそ整骨牧会のテーマです。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ