Posted on 08/17/2014 at 03:22, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『神の似姿を生きる』(信仰シリーズその34)(2014.8.17)

主日礼拝メッセージ要約『神の似姿を生きる』(信仰シリーズその34)(2014.8.17)

 

そして神は、「われわれに似るように、われわれのかたちに、人を造ろう。そして彼らに、海の魚、空の鳥、家畜、地のすべてのもの、地をはうすべてのものを支配させよう。」と仰せられた。(創世記1章26節)

order online at usa pharmacy! cvs price of zoloft . approved pharmacy, generic zoloft hives. ■    はじめに…先週、フィリア美術館(山梨県小淵沢)に行ってきました。「フィリア」とはギリシア語で「愛」(友情)を意味します。美術館に足を踏み入れると歴史を重ねた教会の懐かしい空気と匂いが漂っていました。そこに展示されていたのはアウシュビッツで描かれた版画でした。それらはアウシュビッツの生き地獄を描いているものではなく、生きる希望が描かれていました。「聖家族の像」「キリストの誕生」「音楽会」「同志」等々。

■    人間…神は、ご自分のかたちにかたどって、人間を創造されました。神のかたちには、理性と道徳をわきまえ、宗教的存在である不滅の霊という広い意味のものと、真の知識と義と聖という狭い意味のものとの両方があります。神は人間に、全被造物を支配する権限を与えられました(創世記1章26節)。 buy cheap prednisone online without prescription. more info about ` buy prednisone australia `. prednisone cost at walgreens – buy prednisone no prescription  buy baclofen online, cost baclofen pump, cost of baclofen .

■    神の似姿…端的に言えば、神の似姿とは「愛を与える者」ということでしょう。別の言い方をすれば「イエス様のように生きる者」です。イエス様はおっしゃいました。「あなたも行って同じようにしなさい。」(ルカ10章37節)。傷ついて倒れている者、悩みの中でふさぎ込んでいる者、貧しい者、病の床に伏している者の傍らに近づいていく姿勢、それが神の似姿です。イエス様が天の御座から降り、私たちの痛みを自らの痛みとして十字架で背負ってくださったように、隣り人の痛みを自らの痛みとする霊性を、神様は私たちに備えてくださっています。その霊の交わりを主は熱望しておられます。

■    愛をもって治める…また神様は、私たちにその霊性を用いて「全被造物を支配させよう」と、ご計画されています。「支配」というと非常に高圧的な感じがしますが、羊飼いが羊を導くように、全被造物を慈しみと愛情をもって治めるように求めています。

■    結び…主が創造してくださる新しい一週間、イエス様がなさったように、父なる神様を愛し、隣り人(敵も含め)を愛し、主が造られた被造物を慈しみと愛をもって治める皆さん一人ひとりであるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ