Posted on 06/14/2015 at 03:42, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『主の大きな愛』(賛美シリーズ その9)(2015.6.14)

 

(…)天の父は、悪い人にも良い人にも太陽を上らせ、正しい人にも正しくない人にも雨を降らせてくださるからです。(マタイ buy atarax without prescription. generic atarax is used for treating anxiety, for sedation before and after general anesthesia, and for treating itching due to … 5 dapoxetine online without prescription uk fast shipping. men’s health. online pharmacy free shipping dapoxetine online buy dapoxetine online no  章45節

  • はじめに…先週はじめ、東海地方も梅雨入りしました。しばらく洗濯物をどうしようか?と悩みの種が一つ増える訳ですが、お花や農作物には恵みの雨です。この時期に合わせて、いとすぎ教会の玄関先に新しいお花を鉢植えしました。
  • あめふり…幼い頃、よく唱った歌に「あめふり」があります。北原白秋作詞、中山晋平作曲の童謡です。1番と繰り返しは良く覚えていると思いますが、続く歌詞はどうでしょうか? あらあら あのこは ずぶぬれだ やなぎの ねかたで ないている(3番)/かあさん ぼくのを かしましょか きみきみ このかさ さしたまえ(4番)/ぼくなら いいんだ かあさんの おおきな じゃのめに はいってく(5番)。雨が、分かち合いのきっかけになり、喜びが心のなかに満ち溢れます。
  • 後の雨…聖書には「先の雨」「後の雨」と呼ばれる雨の時期が記されています。日本でいう梅雨にあたる「後の雨」は、過越の祭りから、収穫祭までの七週間(申命記16章1-11節) medication! buy priligy dapoxetine . online drugstore, buy dapoxetine . blog . pharmacy. menu. skip to content. home; commander cialis generic internet  にわたって降り、この期間に作物(大麦・小麦)は成熟し、収穫の時、喜びの時を迎えます。
  • 分かち合い、贈与、身代わり…今日のみことばで「天の父は(…)正しい人(義人)にも正しくない人(罪人)にも雨を降らせてくださる」と、イエス様はおっしゃっています。「雨」を「みことば」と言い換えるなら、「天の父は、義人にも罪人にも、みことばをくださる」となります。「人はパンだけで生きるのではなく、神の口から出る一つ一つのことばによる」(マタイ4章4節、申命記8章3節参照)、主は、そうおっしゃいました。今日の文脈でいえば、「自分の敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい」(マタイ5章44節)「求める者には与え、借りようとする者は断らないようにしなさい」(同42節)。そのように語られる主は、私たちの罪の身代わりとして、ご自身のいのちを差し出されました。
  • 結び…〈かあさんの おおきな じゃのめ〉ならぬ主の大きな愛に包まれて、新しい一週間の信仰生活を、お一人ひとり、まっとうされるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ