Posted on 06/28/2015 at 04:50, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『主は栄光』(賛美シリーズ その11)(2015.6.28)

 

すると、たちどころに、彼(ザカリヤ)の口が開け、舌は解け、ものが言えるようになって神をほめたたえた。(ルカによる福音書1章64節)

 

    tolerance to antiepileptic effects may require dosage adjustment. the reasons are obvious. what are the causes of hyperhidrosis? generic zyban bupropion

  • はじめに…先週の月曜日は夏至(一年でもっとも昼が長い日)でした。夏至を過ぎると一日に約1分ずつ日が短くなり、一年でもっとも夜が長い冬至に向かいます。この夏至に近い6月24日に、バプテスマのヨハネが誕生しました。そして冬至に近い12月25日、主イエス様がお生まれになったのです。
  • ヨハネ讃歌…6月24日は、カトリック教会、聖公会、ルーテル教会等で、「聖ヨハネの日」として祭日として定められています。「夏のクリスマス」とも言われています。この日、カトリック教会では「ヨハネ讃歌」(グレゴリオ聖歌)が捧げられます。その1番の歌詞「UtDo whats the street price for prozac 20mg. prozac online purchase prozac 2 weeks buy proair hfa no prescription swapping from mirtazapine to how long can i minus) queant laxis Resonare fibris Mira gestorum Famuli tuorum, Solve polluti la cialis – buy cialis online. order cheap cialis pills 270, 180, 120, 90, 60, 30, 10 pills online at low price no prescription. bii reatum, Sancte Ioannes.」(しもべらが、ゆるやかな声帯で、御身の驚くべき御業を奏でることが出来るよう、けがれた唇の罪を赦したまえ、聖ヨハネよ)
  • 祈り… buy amoxil online, amoxicillin and clavulanate potassium for cold, can you take amoxicillin and tramadol together. この歌詞(祈祷文)は、修道士パウルス・ディアコヌスの作詞。復活の徹夜祭で、助祭として、ろうそくを聖別し、復活の賛美歌を歌うことになっていたところ、いきなり、のどがかすれて声が出なくなってしまったそうです。そこで、かつてザカリヤ(バプテスマのヨハネの父親)に声がもどったように、声がもどることを祈って、この最初の一節を作ったと言われています(「Catholic Encyclopedia」「黄金伝説」参照)。
  • ドレミの起源…実は、この「ヨハネ讃歌」の歌詞が、“ドレミ”という音階名の起源なのです。教会音楽教師だった修道士グイドが、知らない旋律を唄うための方法として、ドレミファソラ(Do Re Mi Fa So la)の6音に階名を当て教会音楽(賛美)の基礎を据えたのです。何事も基本、ドレミ(日本的に言えばイロハ、韓国的に言えばカナダラ)が大切です。私たちの口は、主を賛美することが基本です。
  • 結び…暗やみに光を輝かすように、皆さんお一人ひとりが置かれている場で、心から主を讃える賛美が溢れるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ