Posted on 08/16/2015 at 03:45, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『成長と回復』(賛美シリーズ その18)(2015.8.16)

 

川のほとり、その両岸には、あらゆる果樹が生長し、その葉も枯れず、実も絶えることがなく、毎月、新しい実をつける。その水が聖所から流れ出ているからである。その実は食物となり、その葉は薬となる。(エゼキエル47章12節)

 

  • はじめに…「松任谷正隆 DEAR PARTNER」というラジオ番組があるのですが、先週は米国認定音楽療法士の佐藤由美子さんという方がゲストでした。デイサービスでボランティアをしたとき、ピアノを弾くと、パーキンソン病で動けない方などが目を輝かせて手をたたいたり歌ったりされ、音楽の力を感じるようになったそうです。以後、米国のホスピスを中心に働かれ、現在帰国し、講演、著作活動をしながら音楽療法の普及に尽力されています。
  • みことばと祈りと賛美で…音楽療法士が、患者さん一人ひとりの置かれている状況に相応しい音楽を用いて、不安やストレスを軽減したり、痛みを緩和して、身体的、精神的なサポートをするように、私たちクリスチャンは、心の込もった的確なみことばと祈りと賛美で、お互い支え合います。
  • 成長し回復する…今日の聖句は、いとすぎ教会開拓当初、2010年の主題聖句です。「その実は食物となり、その葉は薬となる」とあります。食物は成長させ、薬は回復させます。その源は、下から湧き出る水です。イエス様は具体的に一人のサマリヤ人(ユダヤ人から疎まれていた)女性に対して「わたしがその水を与える」(ヨハネ4章14節参照)とおっしゃいました。
  • 私たち…イエス様と一人のサマリヤ人の女性との出会いは、本当に小さな日常の一コマでした。しかし、この小さな草の根、井戸端の出会いの積み重ねが、いのちの源であり、成長の基であり、回復の一歩です。
  • 結び…今週、皆さんお一人ひとり、日常の中でイエス様と具体的に出会い、また隣人と出会い、成長と回復の出来事を体験する機会となりますよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ