Posted on 12/06/2015 at 03:55, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『インマヌエルの主』(ヨベルの年 第13週)(2015.12.6)

 

このすべての出来事は、主が預言者を通して言われた事が成就するためであった。「見よ、処女がみごもっている。そして男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」(訳すと、神は私たちとともにおられる、という意味である。)(マタイ福音書1章22-23節)

 

  • はじめに…先週は、横浜の「シオンの丘の上教会」の皆さんとのお交わり、その後、Mさん御夫妻とのお交わりと、主にあるお交わりの機会に恵まれた一週間でした。
  • 預言者のキャンドル…今日は待降節(アドベント)第二主日です。2本目のキャンドルに火が灯りました。この2本目のキャンドルは「預言者のキャンドル」で、偉大なる祭司であり、預言者であり、王である来るべき救い主イエス様を預言したイスラエルの預言者たちを象徴します。
  • 信じきる…みことば(預言)は必ず成就します。主によって語られたことは必ず実現すると信じきった人は、幸いです(ルカ1章45節参照)。マリヤもヨセフも、御使いが伝えたみことばを信じきりました。簡単なことではありませんでした。マリヤにしてみればイエス様を懐妊することは、身に覚えのないことであり、ヨセフにとっては、マリヤの不貞を疑わざるを得ない出来事でした。
  • アドベント=神の冒険…ヨセフとマリヤにとって、絶体絶命の危機でした。ヨセフが、この事態を公の裁判に訴える(世の霊)
  • hives. online. ことも出来ました。しかしヨセフは、そうせず密かに離縁しようと決心(人の霊)しました(マタイ1章19節)。そのヨセフに、夢で御使いが現れ「マリヤを迎えなさい」(同20節)と語り、そのとおりにマリヤを妻として迎え入れました(神の霊)。アドベントはアドベンチャー(冒険)の意味を含んでいます。冒険は危険に満ちています。イエス様を私たちがこころの内に迎え入れることは、父なる神の命懸けの冒険であり、同時に私たち自身の冒険です。私たちが人生の危機のただ中で、みことばを信じきれるのは、生きて働かれるインマヌエルの主が、共におられるからです。
  • 結び…アドベント第2週、皆さんお一人ひとり、インマヌエルの主をこころにお迎えして、主と共に歩まれますよう、祝福して祈ります。

 

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ