Posted on 01/24/2016 at 05:07, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『聖地巡礼旅行(その一)』(ヨベルの年 第20週)(2016.1.24)

主日礼拝メッセージ要約『聖地巡礼旅行(その一)』(ヨベルの年 第20週)(2016.1.24)

 

イエスはオリーブ山に行かれた。(ヨハネ福音書8章1節)

  • はじめに…  1月14-20日にかけて、聖地巡礼旅行(イスラエル)に出かけ、全ての旅程を主が守ってくださり、恵みのうちに、いとすぎ教会に帰って来ました。主に感謝します。またその間、祈りつつ支えてくださった皆様に感謝します。
  • 要所に“いとすぎ”が…最初に訪れたのは「オリーブ山」で、そこからエルサレム(シオンの丘)を展望しました。西壁(嘆きの壁)に隣接する南の壁の手前に“いとすぎ”を見ることができます。その後、イエス様の歩かれた地を巡りましたが、その主要な場所(たとえば鶏鳴教会、羊飼いの野の教会、ペテロの家など)には必ずと言って良いほど、“いとすぎ”がありました。主が教会の名を“いとすぎ”にするようにおっしゃったことの御心を、またひとつ深く知ることができました。
  • 旧約と新約を繋げる…ツアーガイドは榊原さん(通称バラさん)。28歳で単身イスラエルへ。イスラエル在住45年、ヘブライ大学で学び、観光ガイド歴40年の大ベテラン。イスラエルの地でユダヤ人、アラブ人とともに暮らし、体丸ごとで聖書のみことばを体験されており、旧約の歴史的背景をしっかり踏まえてイエス様のみことばをユーモアたっぷりに解き明かしてくださいました。
  • 距離感覚…また、現地を自分の目で見て、自分の足で歩くことで、場所間の距離感覚を体感しました。聖書の記事を字面ではなく、身体感覚を働かせて読み取ることができるようになったことは、何にも代え難い“宝物”です。
  • 荒天の地中海に虹…イスラエルに到着してずっと晴天に恵まれました。しかし帰国の前日と最終日は一転して荒天に。カナ、ナザレは大雨に。そしてユーラクロンのように荒れ狂う地中海(カイザリヤ、ヨッパ)。ところがベングリオン空港へ向かおうとする頃には雲の切れ目に虹が掛かり、希望のメッセージを天地創造の主が届けてくださいました。
  • 結び…聖書のみことばを体験させてくださる主に栄光をお帰えしします。

 

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ