Posted on 02/14/2016 at 05:38, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『恵みとまこと 聖地巡礼旅行(その4)』(ヨベルの年 第23週)(2016.2.14)

主日礼拝メッセージ要約『恵みとまこと 聖地巡礼旅行(その4)』(ヨベルの年 第23週)(2016.2.14)

写真=カペナウムのシナゴーグ

ことばは人となって、私たちの間に住まわれた。私たちはこの方の栄光を見た。父のみもとから来られたひとり子としての栄光である。この方は恵みとまことに満ちておられた。(ヨハネによる福音書1章14節)

  • はじめに…本主日から、受難節を覚える主日となります。私たちの罪の身代わり(贖い)となって十字架の死を遂げられたイエス様を思い起こし、心に刻みながら、イースターに向かってともに歩んでいきたいと願っています。
  • 恵みの午後礼拝…先主日の午後、Kさんのお宅を開放して頂き、午後礼拝を捧げ、聖さんの時を持ちました。礼拝後、お交わり&学びの時を持ちましたが、その中でヨハネ福音書1章14節の“恵みとまこと”とは、どういう意味か?という質問がありました。
  • 恵みとまこと…ちなみに日本最初の和訳聖書のギュツラフ訳では「オンゲイ ホントニ イイバイ(恩恵 本当に 良いバイ)」と訳されています。ヘブル語訳の聖書では、恵み=ヘセド、まこと=エメトです。人生において最も重要な二本柱が結婚と仕事ならば、“恵みとまこと”すなわちイエス様の愛と真実は、天地を貫いている神の見えざる二本柱と言えるでしょう(詩篇108篇4節)。“まこと”とは「自分を飾らず、自分を偽らない心」です。また“恵み”とは「契約に基づく神の愛」です。恵みとまことは、逆境のただ中でその真価を発揮します。ゆえに詩篇31篇5節にあるように「私のたましいを御手にゆだねます」と告白することが出来るのです。それはイエス様の十字架での最後の祈りでした(ルカ福音書23章46節)
  • 父のふところにおられる主…“恵みとまこと”に満ちておられる方、イエス様が私たちの内側に宿っておられます。そのイエス様は父のふところにおられます(ヨハネ1章18節)。ゆえに私たちは、真理のみことばをイエス様から聞き、信仰による義を行う者とさせて頂いているのです(詩篇15篇1-5節)。内なるシオンに住まわれる主の働きです。“恵みとまこと”は尽きることがあありません(詩篇103篇17節)
  • 結び…受難のただ中にあって尽きることのない“恵みとまこと”を豊かに注いでくださる主に世々限りなく栄光がありますように。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ