Posted on 11/12/2017 at 20:54, by matsumoto

『敵を愛し、祈る』(2017.11.12)

 

しかし、わたしはあなたがたに言います。自分の敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい。(マタイ福音書5章44節)

  • はじめに…先主日、M姉が、召天されたご主人のT兄が生前に描かれた絵(複写)を教会にプレゼントして下さいました。小さな花の絵と、エマオの途上を彷彿させる木立の小路の絵です。それらの絵から、イエス様のいつくしみのみこころと、復活の希望に向かって生きよ、というメッセージが伝わってきます。
  • 金を愛す…トランプ米大統領がアジア歴訪中ですが、武器商人のセールス外交のように見えます。北朝鮮の脅威を煽り、アメリカ製の武器を売りつけ、背後では“平和”を演出する。羊の皮を被ったオオカミのように感じます(エレミヤ6章14節参照)。敵の存在を利用して人殺しの道具を売りつけ、儲けを得ようとする。“金を愛し、盾突く者を脅す”。まさに「いのちより金」の世界です。事実、武器を売り回っている間にテキサスの教会では銃乱射事件が発生し、26人の尊いいのちが銃弾に奪われているのです。
  • 敵を愛し、祈る…今、世界のリーダー達は、何を目標にして、人々をどう導こうとしているのでしょうか? さらに私たち一人ひとりは、何を目標にして、どう生きようとしているのでしょうか? イエス様はおっしゃいました。自分の敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい。」(マタイ福音書5章44節)
  • 敵とは…私たちにとって「敵」とは誰でしょうか? すぐに思い浮かぶものをあげてみると①命をおびやかすもの、②遠ざけたいもの、③異質なもの等々…。指導者、身内、知り合い、職場や学校の友人も敵になり得るでしょう。極論をいえば自分以外のすべての人は敵と言えるかも知れません。更に言えば自分自身も敵になり得ます。
  • 祈り…これらの敵が敵でなくなるのは“祈り”です。祈りは霊的変化をもたらします。人間の力は限られていますが、主イエス様による祈りは、生きとし生けるものに対するいつくしみと限りない希望を生み出します。この世でもっとも生産性があるのが“祈り”です。なぜなら主イエス様は創造の主とつながっており、神の国そのものだからです。“祈り”によって天に宝(輝き)をたくわえることができます(マタイ福音書6章20節、Ⅱコリント4章7節)。だれもその宝を奪うことはできません。
  • 結び…今週も皆さんが、いつくしみと希望で内側から輝きますように。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ