Posted on 05/27/2018 at 21:21, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『過越の祭と五旬節』(イエス・キリストの生涯 その20)(2018.5.27)

主日礼拝メッセージ要約『過越の祭と五旬節』(イエス・キリストの生涯 その20)(2018.5.27)

写真=麦穂と2つのパン

五旬節の日になって、みなが一つ所に集まっていた。(使徒の働き2章1節)

  • はじめに…先週は、五旬節の祭の時に起きた聖霊降臨を覚え、また二人の少年のバプテスマ式も行われ、感謝に溢れる礼拝でした。ところでイスラエル建国記念日(1948年5月14日)は、この五旬節の頃です。昨年12月6日にアメリカのトランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定し、今年、イスラエル建国70周年となる建国記念日に合わせ、アメリカ大使館をエルサレムに移転しました。この動きに反対するパレスチナの人々に対して、イスラエル軍は攻撃をし、3千人超の負傷者と百人超の死者が出ています。両者の平和は何処に。武力は破壊を、愛の力は平和をつくります。五旬節の日、弟子たちは一つ所に集まって祈っていました。そのように私たちも平和という一つ所に集められることを願います。
  • 祭りの捧げもの…五旬節には、パン種を入れて焼いたパン2個を捧げるように定められています(レビ23章17節)。パン種は罪を表わします。パンを焼くために火の力を使います。パン種を入れて焼く、ということは、罪を完全に焼き尽くすということです。そして、その力は主の贖いの愛の力です。つまり十字架の力です。
  • 2個のパン…“2”という数字は、「あなたと私」「夫と妻」「親と子」というような愛の関係を表わします。ここでは罪を持っているユダヤ人と異邦人を表わしています。エレミヤは、神の背いた生き方をしているイスラエルの民に、バビロン捕囚を預言しました。それと同時に70年後には解放され、神が新しい契約を結ばれることも語りました。この契約は、イエス様の十字架の贖いの愛の力により、イスラエルの民だけでなく異邦人のものともなりました。その贖いの愛の力によりユダヤ人と異邦人の隔ての壁が壊されました(エペソ2章14-16節)
  • ひとつになって…隔ての壁を壊されたお互いは、聖霊によってひとつにされます。父なる神、御子イエス様、聖霊は、愛によってひとつであるように、私たちも愛によってひとつとされるのです。国、民族、人種等々の壁さえも壊され、共に生き、共に泣き、共に喜ぶ者へと、愛の力は変えてくれます。
  • 結び…過越の祭は、五旬節の祭で完了します。主の十字架の贖いの愛の力が、聖霊によって一人ひとりに満たされますように。そして平和という一つ所に集められますように。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ