Posted on 06/25/2018 at 21:58, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『荒野の試み』(イエス・キリストの生涯 その24)(2018.6.24)

 

イエスは言われた。「引き下がれ、サタン。『あなたの神である主を拝み、主にだけ仕えよ。』と書いてある。」すると悪魔はイエスを離れて行き、見よ、御使いたちが近づいて来て仕えた。              (マタイ4章10-11節)

  • はじめに…この世は、欲望(あるいは快楽や興味)を喚起する情報が溢れています。もちろん、それらすべてを遠ざけ、禁欲的に生きることもどうかと思います。さまざまな欲望を呼び起こすこの世の中で、私たちはどのような生き方の可能性があるのか、聖書のみことばにはどのような指針が示されてあるのかを今日のテキストから見てみたいと思います。
  • 3種類の誘惑…イエス様は、バプテスマの後、①食欲の惑わし(荒野で)②生命の惑わし(神殿の頂で)③の惑わし(高い山で)に遭いました。それは神の子として、また神のしもべとして、ふさわしい生き方を主体的に選ぶための試みでした。この世の支配者(エペソ6章12節等)はことば巧みに誘惑します。都合の良いようにみことばを操作し利用します。①「神の子なんだから…」②「足が石に打ち当たることのないようにされる」(詩篇91篇11-12節の引用)③「ひれ伏して私を拝むなら(…)全部あなたに差し上げましょう」
  • 申命記のみことばによる打破…それらの試みに対してイエス様は、(奇蹟的・超自然的な力によらず)申命記のみことばによって臨まれ、悪魔を退けられました。①申命記8章3節「それで主は、あなたを苦しめ、飢えさせて、あなたも知らず、あなたの先祖たちも知らなかったマナを食べさせられた。それは、人はパンだけで生きるのではない、人は主の口から出るすべてのもので生きる、ということを、あなたにわからせるためであった。」申命記6章6節「あなたがたがマサで試みたように、あなたがたの神、主を試みてはならない。」申命記6章13節「あなたの神、主を恐れなければならない。主に仕えなければならない。御名によって誓わなければならない。」
  • みことばに聴き従う人生…①人類の始祖アダムとエバの食の過ちを最後のアダムとして賠償(=シャローム)し欠乏のない状態に完全に復興し、②イスラエルの民と神の契約書である申命記のみことばを用いることでイスラエルの民の契約違反の失敗を、メシアとして賠償し、③罪に蝕まれた私たちの魂を完全に癒すため、乳香を受けた祭司としてご自身を完全に神に捧げられたイエス様の生き方が現わされています。
  • 結び…私たちのために完全にご自身を父なる神に捧げられた供えのパンなるイエス様の愛を受け、イエス様に倣って新しい一週間を歩まれるよう、祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ