Posted on 10/14/2018 at 18:47, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『わたしの心だ。きよくなれ』(イエス・キリストの生涯 その39)(2018.10.14)

 

 

さて、イエスがある町におられたとき、全身らい病の人がいた。イエスを見ると、ひれ伏してお願いした。「主よ。お心一つで、私はきよくしていただけます。」イエスは手を伸ばして、彼にさわり、「わたしの心だ。きよくなれ。」と言われた。すると、すぐに、そのらい病が消えた。(ルカによる福音書5章12-13節)

  • はじめに…イエス様のことばに従って真昼間に網をおろしたところ大漁となり、その後、何もかも捨ててイエス様に従ったペテロたち。今日は、その直後の、いやしの出来事です。
  • 『あん』…つい先日、女優の樹木希林さんが亡くなられましたが、その樹木希林さんが主演した映画『あん』を数年前に観ました。どら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた中年の千太郎(永瀬正敏)のところに貼り出してあった求人募集をみて、働くことを懇願する老女、徳江(樹木希林)が現れ、粒あん作りを任せることに。徳江の作る粒あんは美味しく、店は行列ができるほどの繁盛店に。だが、店のオーナーは徳江がかつてハンセン病であったとの噂を聞きつける。そして客足も途絶え、とうとうお客は中学生のワカナだけに。それを察した徳江は店を辞め、ハンセン病感染者を隔離する施設に帰って行く…。
  • 隔離政策…ユダヤ教の共同体においても、らい病(ツァアラト)の宣告を受けた者は、隔離されました。しかも髪の毛を乱し、目から下の顔の部分を覆い、歩くときは「私は汚れている、汚れている」と叫ばなければなりませんでした。家族に近づけないだけではなく、神殿(幕屋)に入ることができず、霊的祝福を受ける機会が奪われました。そんな絶望状態に追い込まれたのです。
  • 生きる意味がある…再び『あん』ですが、映画の中で徳江は、次のように語りました。「私たちはこの世を見るために、聞くために、生まれて来た。だとすれば、何かになれなくても、私たちには、生きる意味があるのよ」
  • わたしの心だ。きよくなれ…イエス様は、共同体から隔離されたツァアラトの人に触れ、そして声を掛けられます。「わたしの心だ。きよくなれ」と。ヘブル語では“ハーペツ アノーキ テハール”「欲している、わたしは。あなたはきよくなれ」(直訳)「喜ぶ、わたしは。あなたは光り輝け、透き通れ」(筆者私訳)。黙示録の最後にある新天新地、聖なる都の“水晶のように光るいのちの水の川”(黙示録22章1節)のイメージを彷彿させられます。
  • 結び…主イエス様が御手を触れ、喜びの御声を掛けて下さいます。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ