Posted on 10/21/2018 at 20:50, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『罪を赦す権威』(イエス・キリストの生涯 その40)(2018.10.21)

 

 

人の子が地上で罪を赦す権威を持っていることを、あなたがたに悟らせるために。」と言って、中風の人に、「あなたに命じる。起きなさい。寝床をたたんで、家に帰りなさい。」と言われた。(ルカによる福音書5章24節)

  • はじめに…全身ツァアラトの人を癒されたイエス様は“病を癒す権威”を人々にあらわされました。再びカペナウムに戻ったイエス様は、そこで“罪を赦す権威”を持っておられることを人々に宣告されました。ユダヤ人は神殿に行き、動物をほふり、献げることにより罪が赦され、同時に神との関係が保たれると信じていました。「罪を赦すことができるのは神だけ」という信仰です。しかしイエス様は、何の犠牲もなく、ただ言葉によって『あなたの罪は赦された』と宣言されたのです。これは、後のイエス様の十字架を想起させます。イエス様ご自身が犠牲として十字架に架けられ死んだことにより、すべての人の罪は赦されました。中風の人に、そして周囲の人々に『わたしの血(十字架)によってあなたの罪は赦された』と十字架の予告を宣言されました。
  • 罪は赦された…中風の人と、その友人たちの信仰を見て『あなたの罪は赦された』と言われたイエス様。当時の人々は“罪があるから病気になる”と考えていました。しかしイエス様は、生まれつき目の見えない人に『目が見えないのは、あなたの罪でも、両親の罪のゆえでもなく、ただ神の栄光が現われるためだ』と言われ、罪と病の因果関係に否定されました。だとすれば中風の人もしかりです。“病のために神殿に入ることが禁じられる”ということは、ユダヤ人としてのアイデンティティが奪われ、また神との断絶を感じる、絶望的に辛いことです。この人もそのような心になり、自分を責め、罪責感を持ち、そして神に向かえなくなっている状況でした。イエス様は、その罪責感から解放して下さり、神に向かえない罪を赦されました。ツァアラトの人が癒された時、『神殿に行って、きよめの献げ物をしなさい』とイエス様は言われました。きっと癒された中風の人は、喜んで神殿に行って献げ物をしたことでしょう。ユダヤ人としてのアイデンティティの回復であり、霊的いのちの復活です。
  • 結び…今日、すでに私たちは、イエス様の十字架のゆえに罪赦され、神との和解が与えられています。はばかることなく愛と赦しと癒しの主なる神に近づき交わることができるのです。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ