Posted on 12/16/2018 at 15:07, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『主の約束のリレー』(第3アドベント)(2018.12.16)

預言者イザヤの書にこう書いてある。「見よ。わたしは使いをあなたの前に遣わし、あなたの道を整えさせよう」(マルコによる福音書1章2節)

  • はじめに…2018年のアドベントの第3週を迎えました。メシア・イエス様のご誕生を感謝と喜びをもって祝いつつ、アドベント・キャンドルに1本ずつ火を灯していきます。そして再び来られるその時を待ち望みます。今日の3本目のキャンドルは「バプテスマのヨハネのキャンドル」です。
  • 父なる神のご計画…マルコは「神の子イエス・キリストの福音のはじめ」(マルコ1章1節)としてバプテスマのヨハネ(以後ヨハネと記す)を紹介しています。それはイエス様の公生涯はヨハネの登場から始まっていることを示唆しています。マルコ1章2節では「父なる神はイエスに使い(ヨハネ)を遣わし、イエスの道を整えさせる」、同3節では「荒野にて彼(ヨハネ)に呼ばわり、イエスの道を用意せよ」と命じられました。主は預言者を通してメシアの到来と、その前に主が使いを遣わすことを約束されました。そしてヨハネの登場により、この約束が実現したのです。マルコが引用したイザヤ書のことばは出エジプト記23章20節、イザヤ書40章3節、マラキ書3章1-3節をまとめたものです。
  • 荒野にて、主の約束…エジプトから救い出されたにも関わらず、民のつぶやきは噴出します。そのような民に主は、モーセを通して使い(イエス様)を送り、「あなたを守り、導く」(出エジプト23章20節)と約束されます。また主は、主への背信によってバビロンに捕囚となることを告げますが、イザヤを通して慰めと解放を約束されます(イザヤ書40章3節)。捕囚から解放後、ギリシヤの支配下で苦しみ、神に背く民、そして祭司までが堕落しました。主はその罪を指摘されます。しかしマラキを通してメシアを送ることを約束されました(マラキ書3章1-3節)。民は主に背を向けてばかりです。それでも主はその背中から「あなたを守り、導く、メシアを送る」と語り続けられました。そしてその約束はヨハネの登場、イエス様へのバトンタッチによって実現しました。
  • 結び…私たちの人生において荒野を通ります。主はどんな時も、その荒野を共に歩いて下さいます。ヨハネからイエス様へ、そしてイエス様の約束は私たちに。感謝。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ