Posted on 05/12/2019 at 20:30, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『十字架の死と復活と昇天』(イエス・キリストの生涯 その63)(2019.5.12)

イエスは苦しみを受けた後、四十日の間、彼らに現われて、神の国のことを語り、数多くの確かな証拠をもって、ご自分が生きていることを使徒たちに示された。(…)「しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」こう言ってから、イエスは彼らが見ている間に上げられ、雲に包まれて、見えなくなられた。(使徒の働き1章3、7、8節)

  • はじめに…先週8日、滋賀県大津市で自動車が保育園児の列に突っ込み、二人の幼い命が奪われるという痛ましい事故が起こりました。今年2019年1月から3月までで736人(約8人/日)の方が、全国の交通事故で尊い命を落としています。私たちの知らないところで事故や病気によって突然、大切な人との別れを体験される方が毎日いることに、やるせない思いになります。もちろん奇跡的に九死に一生を得て再起される方もあり、それは嬉しいことです。
  • 弱さの現場で待つ…イエス様は十字架の苦しみと死を体験され復活し、使徒たちにご自身の姿を現され、声を掛けられました。その事実によって使徒たちは気力を失うことなく人生をあきらめることはありませんでした。イエス様のことばに従って十字架の現場であるエルサレムに留まり、天の父の約束を待ちました。「弱さの中で待ってごらんなさい」イエス様はそう語りかけられました。
  • 聖霊による力…弟子たちは、復活のイエス様と出会い、神の国のことを聞いても依然としてこの世的、政治的、ユダヤ教的イスラエルの再興のことを考えていました。この世のことに関しては好奇心・関心があり、天のことに関しては無関心でした。聖霊が臨んで、はじめて力を受け、霊的に新生し、霊的な視野が啓かれ、確信と信頼をもってイエス様の証人としての歩みが始まったのです。
  • ガリラヤの人たち…天のことに関して無関心だった弟子たちは、昇天されるイエス様を見上げ、そのうちに見えなくなって茫然自失の状態でした。それは気の抜けたただの田舎者の姿でした。しかしこの経験が、空の器に聖霊が注がれる備えとなったのです。私たちも御霊によらなければただの田舎者です。しかし、その田舎者をイエス様は尊く用いてくださるお方です。たとえ欠けた器だったとしても。
  • 結び…御霊を注ぎ、キリストの証人として私たち一人ひとりを尊く用いてくださる主に栄光がありますように。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ