Posted on 05/21/2019 at 08:30, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『絶望の中に寄り添われる主』(イエス・キリストの生涯 その64)(2019.5.20)

(…)話し合ったり、論じ合ったりしているうちに、イエスご自身が近づいて、彼らとともに道を歩いておられた。(…)(ルカによる福音書24章13-35節)

  • はじめに…私の友人は三度、癌がいやされ、証しをいとすぎ教会のブログに掲載しました。友人と私は、主の「いやす」との約束のことばを握りしめ信頼して時を過ごし、主が共にいて下さることを体験したのです。エマオという村に逃げ帰ろうとするクレオパもまた、主イエス様を体験し霊の目が開かれ主の証人になりました。
  • クレオパ…エルサレム教会の初代リーダー、ヤコブの後に立ったのがクレオパです。彼はイエス様の弟子としていつも遠巻きにイエス様の言動を注視していたのでしょう。その彼はどんな気持ちでエルサレムを離れ、故郷に向かっていたのでしょうか?
  • 霊の目がさえぎられて…クレオパたちは目前の事件に驚きと恐怖を抱いていたと思われます。二人で話をしている中にイエス様が話しかけてもイエス様には気付きませんでした。私たちは何事もない時には「主よ感謝します」と言いますが、いったん事が起こると目の前の事にとらわれてイエス様を忘れ、そして自分の考えに振り回されてしまいます。
  • 目が開かれる…話しかけられた方がイエス様だと気づかない二人。ところがイエス様がパンを裂かれる様子を見て二人の目が開かれた、とルカは証ししています。五千人の給食の事、また共に食事をした事、その過去のイエス様との体験を走馬灯のように思い出し、目の前の方がイエス様だと分かったのです。その復活のイエス様のことを他の人に話しても誰も信じませんでした(マルコ16章13節)。それでもクレオパは復活されたイエス様が絶望の中にいる時、歩み寄って下さったこと、語って下さったことを語り、力強く人々を導いていったのです。
  • 共に歩まれるイエス様…辛い時、私たちは本当に神様はいるのか、いるならなぜ助けてくれないのか、と言います。これからどのように生きていったら良いのか分からない、そんな絶望の中にある私たちのただ中にイエス様は寄り添って、共に歩んで下さっています。そして私たちの目を開いて下さいます。
  • 結び…どんな困難な道でも、困難だからこそ、イエス様は共に歩んで下さいます。
Posted on 05/12/2019 at 20:30, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『十字架の死と復活と昇天』(イエス・キリストの生涯 その63)(2019.5.12)

イエスは苦しみを受けた後、四十日の間、彼らに現われて、神の国のことを語り、数多くの確かな証拠をもって、ご自分が生きていることを使徒たちに示された。(…)「しかし、聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」こう言ってから、イエスは彼らが見ている間に上げられ、雲に包まれて、見えなくなられた。(使徒の働き1章3、7、8節)

  • はじめに…先週8日、滋賀県大津市で自動車が保育園児の列に突っ込み、二人の幼い命が奪われるという痛ましい事故が起こりました。今年2019年1月から3月までで736人(約8人/日)の方が、全国の交通事故で尊い命を落としています。私たちの知らないところで事故や病気によって突然、大切な人との別れを体験される方が毎日いることに、やるせない思いになります。もちろん奇跡的に九死に一生を得て再起される方もあり、それは嬉しいことです。
  • 弱さの現場で待つ…イエス様は十字架の苦しみと死を体験され復活し、使徒たちにご自身の姿を現され、声を掛けられました。その事実によって使徒たちは気力を失うことなく人生をあきらめることはありませんでした。イエス様のことばに従って十字架の現場であるエルサレムに留まり、天の父の約束を待ちました。「弱さの中で待ってごらんなさい」イエス様はそう語りかけられました。
  • 聖霊による力…弟子たちは、復活のイエス様と出会い、神の国のことを聞いても依然としてこの世的、政治的、ユダヤ教的イスラエルの再興のことを考えていました。この世のことに関しては好奇心・関心があり、天のことに関しては無関心でした。聖霊が臨んで、はじめて力を受け、霊的に新生し、霊的な視野が啓かれ、確信と信頼をもってイエス様の証人としての歩みが始まったのです。
  • ガリラヤの人たち…天のことに関して無関心だった弟子たちは、昇天されるイエス様を見上げ、そのうちに見えなくなって茫然自失の状態でした。それは気の抜けたただの田舎者の姿でした。しかしこの経験が、空の器に聖霊が注がれる備えとなったのです。私たちも御霊によらなければただの田舎者です。しかし、その田舎者をイエス様は尊く用いてくださるお方です。たとえ欠けた器だったとしても。
  • 結び…御霊を注ぎ、キリストの証人として私たち一人ひとりを尊く用いてくださる主に栄光がありますように。
Posted on 04/21/2019 at 20:43, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『復活―救いの真実』(イエス・キリストの生涯 その62)(2019.4.21)

それからトマスに言われた。「あなたの指をここにつけて、わたしの手を見なさい。手を伸ばして、わたしのわきに差し入れなさい。信じない者にならないで、信じる者になりなさい。」(ヨハネ福音書20章27節)

  • はじめに…先週、日帰りで埼玉県の大宮市に行きました。というのは「もう車に乗らないから、誰か要らないかしら」と言う方があり、その方(Mさん)の車を譲り受けるためでした。年式、走行距離、色は違うけれどもまったく今、私たちが乗っているのとまったく同じ形の車でした。不思議なことです。
  • 信仰の証し…Mさんのご自宅へ伺い、車の譲渡に必要な書類の確認後、昼食をしながら、Mさんとその方のお父さんの信仰の証しを聞き、深く感銘を受け、恵みに満たされて帰途に就きました。Mさんのお父さんの遺した『主のために』と題された日記は605冊。天に召されるほぼ一週間前まで記されていました。Mさんはその日記を前にしながらお父さんの一つのエピソードを教えてくれました。戦争で米軍の捕虜になり、尋問を受けた際、聖書を持っていたことから「おまえはクリスチャンか?」と米兵から尋ねられ「そうだ」と答え、死刑を免れたと言うことでした。そんな体験があった故でしょう。天に召される直前に発したことばは「ギデオンの聖書100冊、注文してくれ」だったそうです。一冊の聖書の持つ救いの力を、身を以って体験し、確信し、信頼して生涯証しし続けたその父の生き様を通して、Mさんは「今、ようやく神様のことが分かるようになったばかりの幼稚園生です」と心境を話してくれました。
  • 信仰告白…さて、今日のテキストは、私がキリスト者になるきっかけになった聖句です。このときは、人生のどん底でした。ちょうどバブル経済が崩壊し始めのときでした。曲がりなりにも小さな工場を経営していたのですが、借金がかさみ、自転車操業でした。そんな中、聖書のことばの一節一節だけが日々の生活の支えでした。とはいうものの、最後の一線をどうしても越えることが出来ずにいたのです。言わずもがな、キリストの“復活”です。自分の納得がいく範囲内の科学的、合理的思考の枠を越えられずにいたのです。しかし、自分ではどうにもならなくなった状況の中、意識の転換(回心)が起こったのです。こちら側からアプローチしてみことば(復活)を理解し解釈するということから、向こう側から人格を伴ったみことば(復活の主)がやって来たのです。そして文字ではなく声として「あなたの指をここにつけて、わたしの手を見なさい。手を伸ばして、わたしのわきに差し入れなさい」と語りかけられたのです。
  • 結び…使徒、パウロをはじめ、復活の主に触れた人々が臆せず大胆に復活のイエス様を証し続けたが故に、今、私たちが、どんなに逆境の中にあったとしても、主にあって生き続けることができることは掛け替えのない救いの真実です。
Posted on 04/21/2019 at 20:40, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『罪の代価を完済して下さった』(イエス・キリストの生涯 その61)(2019.4.14)

イエスは、酸いぶどう酒を受けられると、「完了した。」と言われた。そして、頭を垂れて、霊をお渡しになった。(ヨハネ福音書19章30節)

  • はじめに…桜の季節がめぐって来ました。しかしその「時」を人間が支配することはできません。すべてを支配しておられる神だけが「時」を進められます。イエス様の十字架の「時」もまた神の支配される「時」でした。そしてその「時」によって闇の中にいた私たち人間は罪の負債が完済され、いのちをもって完済して下さったイエス様のものとなったのです。
  • わたしは渇く…マザーテレサはインドで、路上で倒れている人と出会いました。その人はマザーに「わたしは渇く」といって水を求めたそうです。その姿とことばがイエス様と重なり、これをきっかけに、世界的に有名になったマザーの働きが始まりました。インドの最も貧しい人々に仕えること、それはイエス様に仕えることの信仰の証しとして活動しました。そして多くの人の命を救いました。その命に光を灯しました。ルカ福音書16章22-24節には物乞いをしていたラザロと贅沢三昧に暮らした金持ちの死後の様子が書かれています。ラザロはアブラハムのふところ(パラダイス)に、金持ちは渇きに苦しんでいます。イエス様が十字架上で「渇く」と言われたのは「すべての人の死を身代わりに請け負った」ということです。ご自分のいのちと引き換えに。
  • 完了した…この言葉はギリシア語で「テテレスタイ」、負債は完済した、という意味です。過越の祭に各地から集まったユダヤ人、ギリシア人等々、十字架のイエス様の罪状(タイトル)もヘブル語、アラム語、ギリシア語で書かれていました。群衆のざわめきの中、イエス様のこの叫び「完了(完済)した」という意味をどれだけの人が悟ったのでしょうか。過越の祭では神殿に罪の悔い改めをするためにささげものをしていました。罪を犯す度に律法を守るために犠牲を払っていたのです。ところがイエス様の十字架以後、払わなくてもよくなったのです。赦され、解放された私たちとして下さったのです(コロサイ2章13-14節)。
  • 闇と光…詠み人知らずの詩をご紹介します。「いのちのパンであるお方が飢えながら働きを始められた/いのちの水であるお方が渇きのうちに働きを終えられた/弱っていたお方が私たちの真の休息~彼は銀貨30枚で売られたが、世を贖って下さった~/彼は死にいのちを与え、その死によってすべて信じる者のために死を滅ぼされた」
  • 結び…イエス様の生涯は、人々を闇から救い出し、光のもとに導いて下さる約束を実行して下さった生涯です。今も私たちに御手を差し伸べておられます。「わたしの手をつかみなさい。そして潤してあげよう」
Posted on 04/07/2019 at 19:11, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『キリスト者の品位』(イエス・キリストの生涯 その60)(2019.4.7)

そして、彼らが出て行くと、シモンというクレネ人を見つけたので、彼らは、この人にイエスの十字架を、むりやりに背負わせた。(マタイ福音書27章32節)

  • はじめに…先週の月曜日、新元号が発表されました。伝統的には中国の漢書から取られるものが、今回は国書の万葉集がその典拠になりました(実際はその典拠も漢書から取られている)。私たちはその前日、名古屋で開かれた「内田樹&白井聡対談集会」に出掛けました。その中で興味深かったのは「民主主義の中で天皇の役割とは何かということを再定義する必要が出て来る。それを考え抜いて実践していくこと。それは動いて国民と交流を深め祈ること。鎮魂と慰謝をすること。天皇はそれに取り組んだ。そして高齢のために動くことができなくなって来た故に退位の決断をした。体力が弱まることは祈りの力が弱まる。その結果、天変地異とかの不幸、災いが起こる。昨今の相次ぐ災害について天皇は(象徴的無限責任に対して)自責しているのではないか」「天皇はキリスト教の影響を受けている。一人の人が受難する(背負う)ことで世界を救うという、アルカイック(古代的)な天皇制とキリスト教とデモクラシーを統合させた」「民主主義の品位は、自分が直接関係のないことに対して、この社会で起こることは、自分に何らかの責任があると感じる人がどれだけいるかで決まる」という発言でした。
  • 受難と祝福…イエス様は裁判の後、ゴルゴタの丘の刑場に向けて十字架を背負い、歩き出しました。もう十字架を背負って歩き続けるほどの体力は残っていませんでした。そこに居合わせたクレネ人のシモン。ローマ兵から目を付けられ、イエス様の十字架を代わりに背負うことに。「なぜ自分が…」。きっと迷惑千万な役回りだと思ったことでしょう。しかし、イエス様の受難を自らのこととして身を以って体験したことは、後のシモンの人生にとってかけがえのないもの、祝福になりました。なぜなら妻子もイエス様を信じて(主と結ばれて)生きる者となったからです(マルコ15章21節、ローマ16章13節)。
  • キリスト者の品位…「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい」(マルコ8章34節)とイエス様は語られました。自分の境遇(受難)を受け入れ、イエス様について行くという責任応答性、それがキリスト者(内なる教会)の品位を決定づけます。
  • 結び…丸ごと自分を引き受けてくださるイエス様に従がう日々であるように。
アーカイブ ログイン お問い合わせ