Posted on 08/18/2019 at 14:54, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『平和と平安の祈り』(イエス・キリストの生涯 その74)(2019.8.18)

そして、ひざまずいて、大声でこう叫んだ。「主よ。この罪を彼らに負わせないでください。」こう言って、眠りについた。(使徒の働き7章60節)

  • はじめに…原爆投下そして敗戦から74年。終止符のない痛みが続いています。被爆された方々や戦地に赴いた元兵士の方々の痛みと恐怖は、体験した人にしか分からないでしょう。それでも体験談は、聞く私の心に槍のように突き刺さります。戦争は命を奪い、人格を破壊する、愚かで無意味なことであるという事実と真実を、私は受けとります。そして、平和の君であるイエス様に一人ひとりの平和を願い祈ります。ステパノは直接イエス様と会ってはいませんが、弟子たちの話を聞いて、そして聖霊に満たされ、神がイスラエルの先祖たちにしてくださった事実と真実を語りました。そして命の灯が消える直前まで、人々のためにとりなしの祈りをささげました。
  • ステパノのメッセージ…アブラハムから始まり、神がどれほどイスラエル(ユダヤ人)を愛してこられたかを語ったステパノ(使徒7章1-50節)。しかしそれを聞いた人々は「はらわたが煮え返る思いで、ステパノに向かって歯ぎしり」しました(同54節)。聞いている人々にとっては先祖から言い伝えられている事実でしたが、その事実から目をそらし真実を見抜くことができませんでした。
  • それでもなお…ステパノは、それでもなお力強く神のなされたことを語りました。かたくなな心の人々は、ステパノを石打ちによって殺そうとします。それでもなおステパノは「主よ。この罪を彼らに負わせないでください」(同60節)と祈り、眠りにつきました。
  • 結び…今、日本は戦争中ではないのに多くの人が命を失い、また人格が傷ついている人が多くいます。人々は不安にかられ、自分を守ることで精一杯の状態です。それでもなお私たちは、主を求めてより頼み、人々の平和と平安を祈ります。主は“平和の君”ですから。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ