Posted on 10/06/2019 at 09:18, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『主を認め、ゆだねる』(イエス・キリストの生涯 その81)(2019.10.6)

そのとき、ペテロは我に返って言った。「今、確かにわかった。主は御使いを遣わして、ヘロデの手から、また、ユダヤ人たちが待ち構えていたすべての災いから、私を救い出してくださったのだ。」(使徒の働き12章11節)

  • はじめに…9月22日から24日、私たちは壱岐という島へ行ってきました。2001年から2008年まで、島の教会に牧師として仕えたところです。10年ぶりの友人たちとの再会は想像以上に感動的であり、熱い歓迎のもてなしに涙が溢れました。台風17号の影響で私たちの予定は大幅に変更になったのですが、それでも思いがけない喜びを体験することが出来、とても良い旅となりました。その旅を通して、すべて主が私たちを守ってくださったことであることが分かりました。牢に入れられたペテロは牢から救い出された時、幻と思っていたのですが、主が御使いを遣わしてくださった、主の恵みであることが分かった、と告白しています。
  • 捕らえられたペテロ…使徒たちによって、多くの人々がイエス様を救い主と信じるようになりました。その反面、それをいぶかるユダヤ人も多くいたのです。ヘロデ王(ヘロデ大王の孫)は使徒ヤコブを捕らえ、ざん首しました。この事を多くのユダヤ人が喜んだので、次にペテロを捕らえ、牢に入れてしまいました。4人の番兵のうち2人は、牢の中に入りペテロの両側に行き、それぞれペテロの手と兵士の手を鎖でつなぎ、他の2人は牢の外で見張るという厳重な警戒ぶりでした。そのような状況下であるのに、ペテロは牢から出ることが出来たのです。それは主が遣わしてくださった御使いの働きによるものでした。
  • ペテロとヘロデ王…御使いがしていることが現実とは思えず、幻を見ていると思っていたペテロでした(使徒12章9節)。しかし牢から出ることが出来た時、主が御使いを遣わし、救い出してくださったことが分かりました(同11節)。主がしてくださったことを認めた時、ペテロはいのちを得ました。一方、ヘロデ王は、この出来事を知り、不思議さを感じるどころか、ペテロを逃がした番兵たちに対して怒り、いのちを奪ってしまいました。ヘロデ王は主を認めなかったのです。その結果は死でした。
  • 結び…壱岐の島に行く前、主は私たちに語られました。「その地に行って、楽しみ喜びなさい。そこで新しいことを示そう」と。台風にはばまれたように思いましたが、主が語ってくださった言葉を受け取っていたので、必ず壱岐に行ける、と安心していました。台風の風で揺れるホテルの中で、私たちは主を認め、ゆだねました。そして素晴らしい旅を主から与えられました。「あなたの行くところ、どこにおいても主を認めよ、主が成し遂げて下さる」(箴言3章6節)主の祝福をお祈りします。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ