Posted on 11/03/2019 at 19:04, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『エルサレム会議』(イエス・キリストの生涯 その85)(2019.11.3)

この後、わたしは帰って来て、倒れたダビデの幕屋を建て直す。すなわち、廃墟と化した幕屋を建て直し、それを元どおりにする。それは、残った人々、すなわち、わたしの名で呼ばれる異邦人がみな、主を求めるようになるためである。 (使徒の働き15章16-17節)

  • はじめに…先週、壱岐から私たちの友人とその妹さんがが訪ねて来られました。その友人は、私たちが壱岐という小さな島の教会に赴任した際、フィリピンの子どもたちに生活日用品を送るボランティアに協力してくれた人です。当時、島の“くまバンド”というロックバンドで活動していて、私たちの主催するチャリティーコンサートに参加して、その収益金を全額送料に使わせてもらいました。友人いわく「あのボランティアで自分のための人生から他者のために生きる人生へと180度変わった」と。いま友人は来年5月をめどに、島のお年寄り(先輩)の方が、楽しくいきいきと過ごせる集いの場を創ろうと、熱い思いを持って奔走しています。
  • 割礼が救いの条件!?…さて、今日のテキストは、パウロたちによって異邦人への伝道が進み異邦人キリスト者が増加するなか、パリサイ派の熱心なユダヤ人キリスト者が律法に従い「割礼を受けなければ救われない」と主張し、論争となり、その問題解決のためエルサレムで会議が持たれました。そこでパウロたちは伝道(ケア・トリップ)の報告をし、激しい論争が繰り広げられました。
  • ヤコブの和解案…この会議のまとめとして、議長役だったであろうヤコブが、ユダヤ人キリスト者、異邦人キリスト者の双方に対して最終和解案を提案し、会議は一定の結論に至りました。それは「ダビデの幕屋(仮庵あるいは天幕)を建て直す」という預言のみことばを根拠としたものでした。ユダヤ人キリスト者に対しては、異邦人キリスト者に割礼を強要しないこと、異邦人キリスト者に対しては、①偶像に供えられて汚れた物、不品行、絞め殺した物、血を避けることでした。ヤコブの和解案は平たく言えば、相手の嫌がることはしないように、ということになるでしょう。つまり、ダビデの幕屋を建て直すということは、主の前に出て、主の愛する者同士としてお互いを気遣いながらキリストのからだとして成長していくことでしょう。
  • 結び…主ご自身が私たち一人ひとりを愛して下さり、キリストのからだとして成長させて下さることを感謝します。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ