Posted on 12/01/2019 at 23:47, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『私たちを諦めない主』(イエス・キリストの生涯 その87)(2019.12.1)

アブラハムはひれ伏し、そして笑ったが、心の中で言った。「百歳の者に子どもが生まれようか。サラにしても、九十歳の女が子を産むことができようか。」(創世記17章17節)

  • はじめに…今年も残すところあと1カ月となりました。悲喜こもごもあり、充実していたといえばそう言えますが、心と身体が時間の過ぎるスピードに追い付けないような、時代のうねりに翻弄されている感があります。そのような中にあるからこそ、主イエス様がしっかりと私たちをその懐に抱きかかえて下さっていることを確信することができ、平安を保つことができます。
  • アブラハムのキャンドル…2019年のアドベントを迎えました。創造の主なる神様の私たちへの愛のかたちである主イエス様のご誕生を感謝と喜びとともに、アドベント・キャンドル(4本)に1本ずつ火を灯していきます。そして再び来られるその時を待ち望みます。最初のキャンドルは「アブラハムのキャンドル」です。今年もこの待降節の礼拝の場にいることができる幸いを感謝します。
  • 無限の可能性…アブラハムは75歳のとき、主の約束のみことばに従って生まれ故郷を去り、主の示された地へ旅立ちました。今の日本で75歳はいわゆる“後期高齢者”です。自宅に閉じこもりがちになるのを防ぐためにデイサービスに出掛けるくらいの年齢です。そしてアブラハムが99歳になったとき、主から「(妻サラを通して)男の子を与える」(創世記17章16節)と、みことばがありました。そんなバカな!? ウソでしょ? アブラハムは信じられませんでした。当然、妻のサラも笑いました。しかしその1年後、主のみことばは現実となり、イサクが生まれたのです。そして連綿と主の愛の歴史が織りなされ、約2千年の後、マリヤが聖霊によってイエス様を身ごもったのです。それからさらに2千年を経た今日、約4千年にわたって貫かれて来た主の愛の歴史、その主の無限の可能性の中に、私たちの存在、全人格が包まれているのです。
  • 結び…「神にとって不可能なことは一つもありません」(ルカによる福音書1章37節)と、イエス様を身ごもったマリヤが告白しました。どんな逆境の中にあっても、困難な状況にあっても、主は決して私たちを諦めません。その希望の光が今日もひとつ灯されているのです。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ